ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

電車ごとまるごと船に乗船!不思議な列車の旅でコペンハーゲンに行ってみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

高速列車のネットワークが国をまたいで広がり、あまり国境を気にすることなく列車の旅が楽しめるヨーロッパ。ドイツ北部の街、ハンブルグから列車でデンマークの首都、コペンハーゲンまで行ってみました。

旅の起点、ハンブルグ駅から高速列車ICEに乗って出発。

ドイツからデンマークは陸で繋がっているところもありますが、コペンハーゲンに行くにはバルト海をわたって行かなくてはなりません。電車でどうやって行くのかというと……

バルト海に近づくと、電車がトンネルのような空間に入って行きます。最後の車両までトンネルに入り切ると電車は停車。車両の外に出るようアナウンスが流れます。

外に出てみると、なんとそこは船の中!線路が船の中に繋がっていて電車ごと船に乗船する仕組み。船の上層階は空港のような免税ショップになっていて、バルト海を渡り国境を越えている間、客はショッピングを楽しんだり、お茶をしたりして過ごします。

目的地、コペンハーゲン駅に到着。コペンハーゲンまでは4時間半ほどで到着しました。ちょっと長いですが、デンマークののどかな風景も楽しめ、電車で船に乗る不思議な体験の出来る旅、オススメです。

Post: GoTrip!

Post: GoTrip!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP