ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

隔離病棟のASKA被告 「第二のシャブ愛人」報道に絶叫した

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 覚せい剤取締法違反での逮捕劇から3か月。ようやくASKA被告(56才)の初公判が東京地裁で行われた。

 8月21日には、ASKA被告に覚せい剤を売ったとして暴力団幹部2人が逮捕されており、今後、公判では、薬物の入手ルートや、一緒に逮捕された栩内香澄美被告(37才)との関係が追及されることになるが、「いまの彼が法廷でまともな答弁ができるとは思えない」と怯えた表情で話していた1人の女性がいる。

 ASKA被告が薬物依存症治療のために入院している千葉市内の総合病院の隔離病棟に、夫が入院中だというA子さんである。

 A子さんによれば、ASKA被告は入院当初から、握りこぶしをつくって肩を怒らせ、ブルブルと震え、うめきながら廊下を歩いていたといい、その証言から、ASKA被告が覚せい剤の禁断症状に苦しんでいる様子が見て取れた。

 そしていま、彼女はASKA被告の近況について、さらに衝撃の内容を語り出した。

「彼の入院する隔離病棟は、入り口から全通路に至るまで、24時間監視カメラで録画されているのですが、8月中旬のある日、ASKAさんが看護師と一緒に、その監視カメラ映像を管理する部屋にやってきたそうです。

 彼は深刻な表情で、自分の部屋の周辺の録画映像を何日分もチェックしながら、突然、“おれの部屋に誰かいる! 見えないけど絶対に誰かいる!”って叫びだしたそうで…。どうも、彼は幻覚に悩まされているようなんです」

 もちろん、監視カメラの録画映像を全部チェックしても、誰も映っていない。それでも、ASKA被告は執拗だった。

「看護師がいくらなだめても、“絶対に誰かいるんだよ!”ってきかなくて、最後は塩で部屋のお清めを始めたそうです。同じ病棟にいる薬物依存患者たちも、“あいつは末期的なレベルだから、外に出したらヤバいぞ”って心配していたそうです」(A子さん)

 さらに別の日、ASKA被告が病棟内の会議室で、他の入院患者たちとテレビを見ていた際には、こんな光景が繰り広げられたという。

「その時、偶然にも“ASKA被告に第二のシャブ愛人がいた”と報じるワイドショーが流れていて…。すると、ASKAさんはテレビの中のキャスターに向かって、“アイツとはつきあってねーよ!”と絶叫したそうです。周囲はみなボー然としていたとか(苦笑)」(A子さん)

※女性セブン2014年9月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
隔離病棟のASKA 反省文書いたりタコ糸ブレスレット作ったり
栩内被告追い詰める ASKAの第3、第4のシャブ愛人の存在
再犯率は79%、シャブ抜き中のASKA 家族と抱き合って泣く

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP