ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

三重高校・中村好治監督 「60歳の復活」が教えてくれたもの

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 第96回全国高等学校野球選手権大会は大阪桐蔭の優勝で幕を閉じた。県勢59年ぶりの決勝戦進出となった三重高校は惜しくも敗れたが、躍進のもととなったのは、60歳の中村好治監督の手腕だ。スポットライトを当てた。(取材・文=フリーライター・神田憲行)

 * * *

 三重高校は5月の春季東海地区大会で優勝していたものの、昨夏も今春の甲子園も初戦で敗退しており、率直なところ大会前は優勝候補の下馬評には登っていなかった。それが決勝戦にコマを進めたのは、主将の長野勇斗が、

「三重は1勝がこれまで遠かったけれど、1勝してからは選手が成長して波に乗れました」

 と振り返る通り、中村のもと大会中に選手のポテンシャルが開花したからである。中村は今年4月に同校の監督に就任するや、打撃練習で審判を付けてストライクとボールの見極めを選手に徹底させるなど、練習内容を一変した。準決勝の日本文理戦では、バッテリーの配球を読んで作戦を次々と的中させ、抜擢した選手が活躍するなど采配も冴えた。

 選手にも愛情をたっぷり注いだ。毎日打撃投手を買って出て、エース今井重太朗の身体を自らマッサージしていた。

「打撃投手は監督に就任されてから毎日ですよ。ランニングも一緒にしています。もうそんな若い歳とはいえないのに、本当に頭が下がりますよ」(中澤良文部長)

 取材をしていて、私は「ああ、変わっていないな」と12年前のエピソードを想い出していた。2002年の第84回大会、中村は日章学園(宮崎代表)の監督として甲子園に出場した。日章学園には瀬間仲ノルベルトというブラジルからの留学生がいた。中村は、言葉もわからず野球部の独特な習慣に戸惑い、ときには先輩と喧嘩になりそうな瀬間仲の親代わりとなった。当時高校3年生だった瀬間仲は、

「打撃練習では僕の手本で打って見せてくれたら、おじさんなのに僕より遠くに飛ばすからびっくりしました。最初は理由がわからなかったけれど、だんだん肘の位置がポイントだとわかりました。中村先生は僕の日本のお父さんです」

 来日したばかりのこと、瀬間仲が一度、中村を怒らせたことがある。相手に死球を与えたのに、一塁手の瀬間仲が打者走者に帽子を取って礼をしなかったからだ。ブラジルにそういう習慣はなかった。

「僕が日本の高校野球で学んだいちばんのことです。ブラジルの子どもたちも絶対そうした方がいい」

 どうして細やかにそこまで選手に気配りするのか。原点は中村の母校・浪商高校時代にあった。

「私のころの浪商は野球部員が1学年で180人くらいいたんですよ。もう誰が誰やらわからない。そんなときに監督さんに少しでも声を掛けてもらったら、ものすごい嬉しかった。だから自分も選手に気配りしてやりたい。三重の野球部員は100人いるんですが、毎日全員に声を掛けています」

 中村は苦労人だ。

「私ね、会社が6つ変わっているんですよ」

 と笑う。社会人野球の選手・監督として3つ、日章学園の監督、三重中京大学の監督、そして現在。三重中京大では則本昴大投手を育てたが、学校が閉校になった。住む場所だけでも神戸、宮崎、三重など転々としている。ひとつの学校にどっしり腰を落ち着けた「大監督」ではない。

「いろんな人との出会いもあり、苦労もありました。でもいろんな経験を積んだことで、指導の引き出しはたくさんできましたよ」

 たとえば三重の監督に就任して、中村監督はまず取り組んだのは守備の強化だった。三重のウリはエース今井と強力打線だ。「まず守備から」という中村の言葉に怪訝な表情を浮かべる記者もいたが、私はピンときた。前回の甲子園、日章学園は22安打も放ちながら、初戦で敗れた。決勝点はエラーで与えた点だった。

「中村さんの『まず守備から』といのうは、あの試合が原点にあるんじゃないですか」

「まったくその通りですわ。あの試合は私の野球観を根底から変えました」

 さらに大学野球での監督経験からもあった。

「高校から大学に行って金属バットから木製に変わると、打率が2割下がるんです。そこで守備がガタガタだとなかなか使ってもらえない。高校・大学の7年間使える技術として守備から教えたいんです」

 いま高校野球の世界には世代交代の波が押し寄せている。90年代最強を誇った智弁和歌山の高嶋仁監督(68歳)は2年連続、夏の甲子園出場を逃した。松坂大輔投手を教えた横浜の小倉清一郎コーチ(70歳)は今夏で引退した。代わって、大阪桐蔭の西谷浩一(44歳)、作新学院の小針崇広(31歳)、沖縄尚学の比嘉公也(33歳)など若い世代の監督らが毎年のように強力なチームを作り甲子園に乗り込んでくる。

 その風潮の中で、60歳の中村が復活の甲子園出場を果たし、決勝の舞台にまで駆け上がってきた。しかも相手は大阪桐蔭だ。試合前に甲子園球場の3分の2を埋めようかという三重の大応援団を眺めながら、中村の人生に思いを馳せたとき、私の胸には迫るものがあった。

 勝敗は、全力で前進する三重の中堅手のグラブをかすめるように大阪桐蔭の逆転の打球が転がり、決した。我々50代60代は、いくら努力しても人生が安物のドラマのように全て美しく終わるものではないことを知っている。だが中村は、何歳になっても人生が挑戦する価値のあるものだと教えてくれた。(敬称略)


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ヤクルト小川監督 選手の故障への気配りが12球団随一の理由
星野監督 四球嫌いは高校時代に監督から殴られていたから
渡辺久信 高校3年の夏は自分の押し出しにより県決勝で敗退

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP