ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

何度も模様を描き直せる、自宅で楽しむミニチュア枯山水キット

DATE:
  • ガジェット通信を≫

砂や石などを用いて、水のない庭園に水を表現したと言われている“枯山水”。京都の龍安寺や西芳寺などの枯山水の代表的な庭園は、日本人のみならず、海外からの観光客にも絶大な人気がある。

そんな枯山水をいつでも眺めたい、という思いを抱いたことがある人もいるのではないだろうか。そんな要望に応えてくれる商品がある。枯山水のミニチュア商品を販売する「みどり屋 和草(にこぐさ)」で人気の商品について伺った。

■ミニチュア 灯篭(トウロウ)三つ足(白)
税込432円「石ではありませんが陶器でできているため、小さくても本物のようなディティールを楽しめます。三つ足の灯篭は茶色のタイプ(http://www.nicogusa.com/SHOP/PIN1601.html)も人気がありますね」

■ミニチュア 亀(錫製)
税込540円「亀好きの方が多いのか、動物の中でも亀のシリーズは人気があります。これは錫(すず)製ですが、陶器製のタイプ(http://www.nicogusa.com/SHOP/PINSET010.html)もおすすめです」

■ミニチュア 橋 欄干(らんかん)
税込566円「このような単品は、枯山水セットと合わせて購入される方が多い商品です。枯山水は、水を使わずに川や海など水を表現するものですので、柵のある橋、特に雰囲気のある欄干は人気がありますね。模型のパーツのように細かな細工が施されています」

■ミニ枯山水キット(鶴亀セット)
税込2,365円「トレイ、砂、熊手や石などがセットになった枯山水キットです。蓋つきの木製のトレイに付属の砂を入れ、石(玉砂利)などを置きます。レーキ(熊手)で水に見立てた砂紋(模様)を描いて遊ぶのですが、コツをつかむまで意外と難しいです。長財布よりやや大きめのサイズで、650gと軽く、持ち運びにも便利です。縁起のよい鶴と亀がセットになっているので、ギフトにされたり、結婚式のウエルカムボード代わりにされる方もいらっしゃいますよ」

本物の枯山水は眺めるだけだが、ミニチュアなら何度もつくり直せるのが楽しい。心を無にして小さな熊手で砂紋を描いていると、気持ちが落ち着くという方も多いのだそう。一味違うインテリアを探している人にもぜひおすすめしたい。

■ミニチュア 灯篭(トウロウ)三つ足(白) http://www.nicogusa.com/SHOP/PIN1602.html
■ミニチュア 亀(錫製) http://www.nicogusa.com/SHOP/PIN1062.html
■ミニチュア 橋 欄干 http://www.nicogusa.com/SHOP/PIN1613.html
■ミニ枯山水キット(鶴亀セット) http://www.nicogusa.com/SHOP/karesansui003.html●取材協力
みどり屋 和草(にこぐさ)
HP:http://www.nicogusa.com/
元記事URL http://suumo.jp/journal/2014/08/29/68336/

【住まいに関する関連記事】お盆の夜を彩る夏の風物詩「大文字焼き」 でも、なぜ「大」の字?
外周がマラソンコースとしても人気の皇居。実は天皇家の「仮住まい」?
京都の夏の風物詩・大文字送り火の点火&消火は誰が行っているの?
「ラクガキ保存会」が京都からゆとりを発信!
修学旅行のシーズン到来!関東の学校はなぜ近畿地方に旅行するの?

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP