ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

羽生結弦DVDが「アスリート史上初」の売れ行き 何が凄いのか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今やメディアで目にしない日はないほど、リンク以外でもさまざまに活躍が目立つフィギュアスケート選手たち。ソチ五輪の金メダリスト、羽生結弦選手(19)の初DVD「覚醒の時」(フジテレビジョン・ポニーキャニオン)も好調だ。

 発売されるや初週売上2.1万枚を記録し、オリコンのDVDならびにBlu-rayランキングで首位を獲得。これはスポーツ選手としては史上初の快挙だった。さらにその後2週にわたってトップテン入りを続け、フジテレビによると現在、DVD、Blu-ray合わせておよそ7万枚を売り上げている(8月29日)。

 このDVDの発売までには、ファンをヤキモキさせるちょっとした事件があった。当初予定されていた発売日が一度延期になったのである(5月21日→7月16日)。

 待たされるとそれだけ期待値はあがるもので、アマゾンのレビューには、発売前からコメントが殺到した(8月29日時点で215件)。収録演目や特典映像が追加されるなどの紆余曲折を経て、ついに世に出たDVDには絶賛の声が挙がっている。羽生選手の人気のみならず内容への高い評価がオリコン1位という快挙につながっているのだ。

 第一に収録演目が充実している。「2012年の世界選手権『ロミオとジュリエット』を見られて嬉しかった。羽生選手の才能を世界に知らしめた演技だと思っています。それから、ソチでも滑ったショートプログラム『パリの散歩道』は3大会の演技が入っています。これが全然多すぎない。同じプログラムを見るからこそ、羽生選手の成長がよくわかるんですよね。あの“への字”ポーズも、どんどんシャープになっています!」(購入した40代女性)

 見比べて初めて気づくこともある。別の30代男性ファンはこう語る。「僕は特に、ジュニアからシニアに上がった頃の演技に引きつけられました。ジャンプはまだ安定感を欠くのだけれど、時分の花といいますが、若いころの荒削りの良さというのもあるなと」

 それからこのDVD、演技の解説やナレーションなど、羽生選手以外の声がほぼ排されている。競技結果は文字情報のみ。これによって、試合の間などに差し挟まれる羽生結弦の肉声が際立ち、視聴者は羽生選手の内的世界に没入できる。

「まるで近くにいるような気分になれました(笑)。テレビ放送の解説はありがたいのですが臨場感が削がれますし、解説がなくてもわかるものだと気づきましたね。練習中の素顔なども新鮮です。羽生さんがカナダで食事をしてる場面があるんですが、お弁当箱がプーさんで。やっぱり好きなんだなぁと思いました」(購入した50代女性)

 DVD制作を行ったフジテレビ担当者に、制作秘話を聞いた。

「まず制作にあたって、フジテレビ系列局が持つ羽生選手の幼い頃から現在までの素材を、ほぼ全て確認しました。そのなかで感じた彼の凄さとは“持続された邁進力”です。幼い頃に抱いた『オリンピックで金メダル』という夢に向かって、一年一年、その時の彼の信じる精一杯の努力と決断で、夢を現実に変えていく。もちろんその過程には、様々な悩みや葛藤があったことは想像に難くありません。震災もありました。彼が乗り越えてきたすべてを、彼の言葉でストレートに、DVDを観てくれる方に伝えたいと思いました。

 そのために、まずノーナレーショという演出をとりました。これには羽生選手の映画を観ているような世界観を作りあげるという狙いもありました。もう一つ、できるだけ多くのプログラムを使用することが必要でした。一つ一つの大会の著作権や使用楽曲の著作権など多くのハードルや条件などがありましたが、最大限、羽生選手のアスリートとしての成長を伝えられるよう目指しました。

 羽生選手はインタビューの中で『同じプログラムでも自分にとっては違う』と話しています。同じプログラムでも一つ一つの大会が羽生選手にとって自分自身への挑戦であり、成長の軌跡であると感じ、同じプログラムであっても複数収録するような今回のような演出になったのです」

 フィギュアスケート選手のDVDは、トリノオリンピックで金メダルを獲得した荒川静香さんはじめ、浅田真央選手や高橋大輔選手などの作品も高い人気を博してきた。高橋選手の新作はすでに今秋の発売が予定されている。選手の人気だけに頼らない、目の肥えたファンをうならせる作品を今後も期待したい。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
羽生結弦 アイスショーで高橋大輔とのコラボが意味するもの
羽生結弦ファンになった愛子さま「写真ほしい」と友人に相談
羽生結弦にハマる夫に「男性に目覚めた?」と疑念を抱く妻

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP