ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シニア街コン 「地域振興型」と「婚活型」の2つの潮流あり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高齢者の中でも、企業がターゲットとして注目するのが「アクティブシニア」と呼ばれる層だ。いわゆる団塊の世代(1947~1949年生まれ)で健康な人のことを指し、趣味や娯楽のために積極的に消費を行なう傾向がある。

 

 この巨大市場を狙って、様々な試みが展開されるなかで誕生したのが「シニア街コン」だ。リタイア後の「第2の人生」に向けて新たな出会いを求める中高年のニーズをくみ取り、全国各地で様々な試みが繰り広げられている。

 

「シニア街コン」には大きく2つの潮流がある。ひとつは、地方の自治体や団体・企業などが主催する「地域振興型」だ。このタイプの特徴は「異性のパートナー探し」を主眼としていないこと。地元の高齢者が孤立してしまうことを防ぐために交流の場を提供する、いわゆる「地域デビュー」を後押ししようという意味合いが大きい。そのため夫婦で参加可能というイベントが多い。

 

 もうひとつは、結婚相談所などが運営に関わる「婚活型」だ。こちらは参加資格が独身に限られ、年齢や年収などに条件が設けられるケースもある。「本気度」の高い参加者が多いため、異性との出会いをサポートする様々な工夫が凝らされている。

 

 前者の「地方振興型」の実例から特徴を見ていこう。まずは「足湯に浸かりながら会話を楽しむ」というコンセプトが斬新な「風呂コン」だ。埼玉県の越生町・ときがわ町にある3つの温泉施設が持ち回りで開催しており、今年3月4日で12回を数える恒例行事となっている。参加費は2600円、60歳以上の男女であれば参加できる(夫婦参加も可)。参加した65歳男性がいう。

 

「私が行ったときの参加者は20人ほどでした。男女比率は4対6くらい。男性は60代半ばの定年世代が多かったが、70代、80代の方もいましたね。一方、女性は60代前半の方が多かったです。リピーターも多いようで、ひとりに話しかけたらそれぞれの友人、知人を紹介し合う形で輪が広がっていきました」

 歓談後にはレクリエーションの時間がある。

 

「掃除用のブラシで石けんを浴場の床に滑らせ、空のシャンプーボトルの的を倒すという、ボウリングとゲートボールを足したようなゲームをやりました。私の番の時には“頑張って~!”と女性陣から声がかかり、まるで大学のサークルに入ったかのような盛り上がりでした。黄色い声を浴びたのなんて、何十年ぶりか(笑い)。地元の参加者が多かったので、仲間を増やしに来ているという雰囲気でした」(同前)

 

 その後は旅館から15分ほど離れた梅園まで往復するウォーキング、そして昼食をとってお開きとなった。

 

 東京都の武蔵野市とNPO法人「シニアネットむさしの」が共催する「まちコン in 吉祥寺」は、一昨年11月にスタート。昨年12月には第2回が開催された。参加条件は50歳以上の男女。参加費はお菓子代の500円のみだ。

 

 同イベントを開催した武蔵野市・市民活動推進課の説明。

 

「第1回の参加者は25人で、内訳は男性8人、女性17人でした。年齢は50代から70代まで幅広く集まりました。女性のほうが初対面の人と話すことに慣れているからか、積極的に会話されている印象でした。ここでお知り合いになった方々がイベント後、個別に飲みに行かれることもあるようです。定年後を充実させるために友人を増やしていただくという目的が実り始めています」

※週刊ポスト2014年9月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
街コン成婚率は3%も親による代理婚活の成婚率約2割と高水準
エヴァ街コン 共通の話題が多く話しやすいと参加者から好評
義父の目の前で授乳や着替えをする嫁 どちらが配慮すべきか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP