ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung Gear SにはNike+ Runningアプリが標準搭載。スマートフォン要らずでワークアウトデータを取得可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung は 8 月 29 日、Nike と提携して、同社の新型スマートウォッチ「Gear S」用の Nike+ Running アプリを開発し、Gear S にプリインストールしたことを発表しました。Nike+ Running は以前より Andrid / iOS アプリが提供されているのですが、ランニングデータを取得するにはスマートフォンを持ち運ばなければなりません。そこで、Gear S を利用すれば、その必要がなくなるというわけです。Gear S には GPS と 3G データ通信機能が備わっており、GPSによるワークアウトデータ(移動距離、ペース、ラップ、スピードなど)のトラッキングに加え、3G データ通信機能により Facebook ユーザーからの声援をリアルタイムに確認することができます。Gear S は単体でネットに繋がるので、ワークアウトデータは Gear S から直接クラウドにアップロードされます。もちろん、過去のワークアウトデータも一部は閲覧できます。さらに、Gear S には音声通話機能もあるので、スマートフォンがなくても外部との通話・通信も可能です。私もそうですが、手ぶらで走ることを好むランナーにとってスマートフォン用のランニングアプリが普及してきた中でもスマートフォンを持ち運ぶことを負担に感じてしまい、従来のGPS ウォッチを使い続けている方は多いはず。Gear SとNike+ Runinng の場合だと、スマートフォンいらずになるので、Gear S はランナーにとっての理想的なスマートウォッチの一つだと思います。Source : Samsung


(juggly.cn)記事関連リンク
日本で発売されるのNexus 8(T1 / Flounder / Volantis)はWi-FiモデルとLTEモデルらしい
Chrome Beta(37.0.2062.117)で表示されなくなっていた開いたタブ数の表示が復活
OnePlus、スマートフォンの販売方法を10月には招待制から予約制に切り替える予定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP