ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

○○を意識すると人生がいいふうになる?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

 「人からどう思われているのだろうか?」と不安になったり、「自分の生き方は正しいのだろうか?」と疑問に思ったり、あるいはなんとなくモヤモヤした気分になったりと、私たちの人生は悩みの連続。
 これはおそらくどんな人でも共通のはずですが、困った時に、「自分の基本」に立ち戻ることができる人は、迷いや悩みから早く抜け出すことができます。
 『へそ道 宇宙を見つめる 使命を見つける』(入江富美子/著、サンマーク出版/刊)で提唱されている「へそ道(へそどう)」という生き方は、あらゆる人にとっての「自分の人生の基本」になりうるものです。

■自分の存在のおおもとをたどる「へそ道」とは?
 「へそ道」の「へそ」とは、お腹についている「へそ」のことです。
 ご存じのとおり、私たちは生まれてくる前はお母さんと「へその緒」でつながっていました。そして、お母さんはおばあさんとつながっていて、おばあさんはひいおばあさんと…。そうやって、私たちはずっとずっと前の祖先からへそでつながってきました。
 「へそ道」とは、そのつながりをイメージすることで、自分の根源を意識する生き方。毎日、瞑想するように、へそを介した先祖からのつながりをイメージしつづけると、次第に自分が先祖よりももっともっと遠い、命の根源としっかり結びついていることが意識できるはず。
 その安心感はあなたにありのままの姿で生きる勇気を与えてくれ、あなたの悩みや困りごとから、新しい観点を見出させ、前向きにしてくれます。

■「お金」も「モノ」も追いかけない
 お金やものや経験など、私たちは何かを手に入れることで、人生を豊かな方向に変えていこうとします。しかし、そのせいで何も手に入らないと思い悩んだり、不安になってしまったりするのです。
 「へそ道」はそういう生き方とはまったくちがいます。先祖からのつながりを意識することでもわかるように、「へそ道」は何かを手に入れようとするのではなく、自分自身をどう捉えるか、または自己へのイメージを変えることで、人生をいい方向に向かわせようという生き方。
 自分以外のものを追いかけている限り、悩みは尽きません。しかし、大切なものはすべて、先祖から綿々と続いてきた歴史の中、つまり自分の中にあると考えれば、これまで気に病んできたことはすべてささいなことだと思えるようになるはずです。

 少し観念的な話ではありますが、本書には「へそ道」について、よりわかりやすい解説がされており、気持ちを安らかに、毎日の幸福をはっきりと感じられる生き方へのヒントを与えてくれます。

 生きているからには、誰もが幸福を求めているはずです。何を得ても、何か欠けている感じがしたり、思うようにいっていない感じがあれば入江さんのいう「へそ」を意識してみると、人生の風向きが変わってくるかもしれません。
(新刊JP編集部)


(新刊JP)記事関連リンク
いるだけで目立つ「美人オーラ」の作り方
子どもの「自己肯定感」を育むために親がすべきこと
「赤ちゃんはどこから生まれるの?」と子どもに聞かれたら?

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP