ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「信長のシェフ」ついに最終話! 志田未来に食べてもらいたかった3つの料理とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

テレビ朝日系のドラマ「信長のシェフ」がついに最終話を迎えてしまう。前作が好評のため深夜枠から木曜よる8時枠に移動したこの番組も、いよいよ来週が最後ということで多くのファンが涙を堪えている。歴史ファンは当然として、玉森裕太(Kis-My-FT2)ファン、ミッチーファン、そしてもちろん、志田未来ファンもまた悲しみに暮れているのだ。

このドラマで志田未来が演じているのは「夏」という女性の刀鍛冶。玉森裕太演じる料理人・ケンの下で見習い料理人として働くことになるのだが、将軍の台所は女人禁制のため男装をして男のフリをしている。ケンに対する淡い恋心を隠しながらも男まさりな活躍を見せるその姿が、マジで完全に志田未来さんの魅力が全開! 自分のことを「オレ」って言う志田未来さんがキュートすぎて食事がノドを通らない始末ですよ! 料理のドラマなのに!

主人公のケンは平成の世からタイムスリップしているため、志田未来演じる「夏」には料理の名前も分からないことが多々あり、そこで不思議そうな顔を見せる姿がまた抜群に良い。だが、いよいよ来週で最終回。「夏」に、というか志田未来さんに、食べさせたい料理が沢山あるのに……。もうこうなったら、自分がケンになって「夏」に料理を作ってあげなくてはいけない、そんな気持ちを止めることが出来ません。

というわけで本日はテレビドラマ「信長のシェフ」最終回を記念して「夏」こと志田未来さんに食べてもらいたい料理のベスト3を勝手に発表してみます。以下、「夏」の一人喋りの設定となりますので、心の中で志田未来さんの声で再生してお読みください。

第3位 クレープ

おいケン、今日は一体どんな料理を作るんだ? くれーぷ? また聞いたことのない料理だなあ。えっ? オレに一口食べさせてくれるって? それじゃ遠慮なく……もぐもぐもぐ……うーん! こりゃずいぶん甘いなあ! この白いふわふわは、牛の乳から出来ているのか。おいしくて、止まらないや! ん? おいケン、どうしたんだ? じっとオレの顔を見つめて……そ、そんなに近づくなって、オ、オレまだ心の準備ってヤツが! ……へ? 鼻の頭に、白いふわふわがついてただって? (顔を真っ赤にして)バ、バッカヤロー! 勘違いさせやがって! もっと甘いもの期待しちゃったじゃねーか! 今度変なことしたら、このくれーぷみたいに簀巻きにしてやるからなっ! イー、だ!

第2位 ハムエッグ

(朝起きてきて)うー、お、おはようケン。ずいぶん朝早くから精が出るなあ。くんくん……こりゃ良いにおいだ。はむえっぐ、っていうのか? へー、南蛮じゃこれが朝飯なんだな。どれどれ? ぱくっ、もぐもぐ。なるほどなー! 卵と肉が口の中で溶け合って、何とも言えないうまさだな! こりゃ良いや。ケンみたいな料理のうまいヤツと結婚したら、毎日これが食べられるのかー。……おい、勘違いするなよ。べ、別に今のは、ケンと結婚したいってことじゃなくて! や、け、結婚したくないってことでもないんだけど……って何ニヤニヤして見てやがるんだ! 女にこんなこと言わせやがって、この鈍感の意地悪ヤロー! こうなったらバツとして、このはむえっぐの作り方教えろよっ! えっ? ……なんでってそりゃ……オレだって、大好きな旦那さまにおいしい朝飯作りたいからさ……。言わせんなよ、バッカヤロー……。

第1位 キス

おいケン、オレのことを見くびってもらっちゃ困るぜ。キスぐらい知ってらあ、自慢じゃないけどオレは昔から釣りが上手で、キスだって何度もさばいたことが……え、違う? 魚のキスじゃないのかい? そりゃ一体どんな料理なんだ? 腹はふくらまないが、胸がいっぱいになる料理? へー、ずいぶん不思議な料理があるんだなあ。うまいのか? 人によるのか……好きな人と一緒に食べるとすごいうまい、だって? 何だかよく分からないけど、とにかく食べさせてくれよ! 何だよもったいぶって、なあ一口だけ、一口だけで良いからさ……って、ケン、そんな真面目な顔してどうしたんだよ……お、おいっ……ケ、ケンッ! ケ……ケン……。……バッカヤロー! くそっ……本当に胸がいっぱいになっちまったじゃねえか……。こんなのってずるいぜ……。なあ、ケン。あの、その……この、キスってやつ……おかわりは、あったりするのかな……?

<結論>

さあ、果たしてケンは、志田未来にこんな料理を作ることが出来るのか!?(たぶん作りません) テレビ朝日「信長のシェフ」最終話は2014年9月4日に放送される。どうぞお見逃しなく!

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP