ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【急募】関ヶ原合戦に参加できる「武将」「武者」「足軽」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 岐阜県・関ケ原町で毎年開催される『関ケ原合戦祭り2014』が、今年も10月18日(土)・19日(日)に開催される。

その目玉イベント『関ケ原合戦絵巻2014』では現在、参加してくれる武将、足軽役など約100名を募集している。

 19日(日)に行われる『関ケ原合戦絵巻2014』には、毎年100人以上が参加し東軍・西軍に分かれて合戦を再現。今年は東軍・黒田長政を中心に展開される。

【関連:もしも戦国時代に2ちゃんねるがあったら……】

 参加申込みの際には、所属隊や、なりたい武将を希望することが可能。参加が決定すると、武将、甲冑武者などいずれかの役が任される。

▼募集中の武将と隊

<西軍>

石田 三成隊(石田三成、島左近、蒲生備中)

宇喜多秀家隊(宇喜多秀家、明石全登)

大谷 吉継隊(大谷吉継、湯浅五助、平塚為広)

小早川秀秋隊(小早川秀秋、平岡頼勝、稲葉正成)

<東軍>

徳川 家康隊(徳川家康、本多忠勝、井伊直政)

黒田 長政隊(黒田長政、後藤又兵衛、竹中重門)

福島 正則隊(福島正則、可児才蔵)

※一部の武将については、演出の都合上スタッフもしくは、役者が務める場合あり。

 なお武将に選ばれると、当日実際に隊を指揮して合戦を動かすこととなるため、参加事務局では「リーダーシップに自信のない場合はご遠慮ください。」としている。


 戦国絵巻に毎年参加している『甲冑パフォーマンス軍団 関ケ原組』の方の話によると、初心者や女性の参加者も多いという。

そして鎧は軽いもので5キロはあるということなので、参加する際には体力はそれなりに必要とのこと。ただし体力に自信がないという人の場合には、旗持ちだったり、今回であれば徳川隊はあまり動かない予定なので、「気分だけでも…という人はそちらを希望するといいと思います。」と申込みのコツを教えてくれた。

 参加には参加費(武将5,000円、その他一般3,000円、18歳未満2,000円)が必要。この中には、甲冑等の備品レンタル・消耗品・保険料、そしてパフォーマンス当日19日(日)の昼食(弁当)が含まれる。

マイ甲冑武者の場合には参加費が免除されるが、着付け、備品の手配が必要な場合には実費の負担がある。その他会場までの往復交通費、宿泊費諸々は全て自己負担。

 また参加者は18日(土)に行われるリハーサルへの参加も求められる。ただし、今回の合戦絵巻で殺陣や動きの少ない徳川隊(家康除く)と、各隊の大のぼり持ち・馬印持ちは当日のみ参加も可能。

 参加申込書に必要事項を記入し、写真貼付の上、関ケ原合戦祭り参加事務局まで郵送。申込書は『関ケ原合戦祭り2014』ウェブページ(http://www.kanko-sekigahara.jp/event/kassen2014/entry.html)にてPDFデータが配信されている。申込み期限は9月3日必着だが、二次募集の可能性有り。


カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP