ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NYでヨーグルトが公式おやつ認定 野菜合わせたりサンドにも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ニューヨーク州の議会で、今年6月にある法案が可決された。あとは州知事が署名して施行するばかりになっているその法律とは「ヨーグルトを州のオフィシャルスナックに制定する」というもの。ずいぶん変わった決まりを作ったと思うかもしれないが、ニューヨークはこれまでにもユニークな法律を数多く作ってきた。

・面白半分で誰かの頭を目がけてボールを投げてはいけない

・エレベーターに乗る際には手を組み無言でドアの方に向かって立つ

・日曜日にアイスクリームのコーンをポケットに入れて歩くのは禁止

・ジャケットとパンツが上下揃わない男性の外出禁止

「あくまで、ごく一部」と言いつつ、個性的な例を挙げてくれたのは、ニューヨーク在住16年の40代女性・Yさん。

「ほかにもニューヨーク市では、『景観を守るため外に洗濯物を干すのに自治体から許可を取得しなければいけない』というものもあります。日常的な家事を届け出制にする法律は、日本人の常識からすると驚きですよね。これらユニークな州法を改めて見ると、何となく制定された理由がわかるようなものから、意味不明なもの、現実にはどの程度守られているのか不明なものもあります。

 ヨーグルト製造は州の地域産業でもありますし、公式スナック制定は地域振興の意味もあるのでしょう。とにかく、これをきっかけに色々な種類のヨーグルトが、リーズナブルな値段で買えるようになるのは、いいことだと思います」(Yさん)

 日本人にとって違和感があるのは、法律が制定されたことだけでなくヨーグルトを「スナック」としていることだろう。日本で「スナック」というと「スナック菓子」を思い浮かべがちだが、ニューヨーク州での法案審議の議事録をみると、1日3食の合間、食事の間に食べるものは何でもスナックになるので、ヨーグルトもスナックだと定義されている。「スナック」とは、食事から独立した「おやつ」として認識されているのだ。

「スナックの定義にヨーグルトがふさわしいと考えられたのは、気軽な軽食やおやつにぴったりな甘いものとして売られていることが多いからでしょう。すでにフルーツ味がついていたり、底にフルーツソースが入っていたり、別添えのシリアルやチョコレートキャンディが付属しているので、ヨーグルトといえば甘いものが一般的でした」(Yさん)

 ところが、約2年前に始まったギリシャ風ヨーグルトのブームをきっかけに、ニューヨークでも甘くないヨーグルトが拡大傾向にあるようだ。

「とにかく脂肪値にこだわるアメリカ人ならではの、ローファットやファットフリーが台頭しています。これまでと同じく、とろみのあるものだけでなく、ギリシャ式、ホイップやチューブ入り、豆乳やアーモンドミルク、プロバイオティクス入りなど数え切れない種類のヨーグルトが売場に溢れています。通常の甘いフルーツシロップのかわりにトマトやビーツ、ニンジン、パースニップ(シロニンジン)やスクワッシュ(カボチャ類)などの野菜を使った物も、売られるようになりました。

 食べ方としては、チェルシーマーケット発祥の“甘くない”ヨーグルトがもっとも新しいでしょう。Everything(全部)と呼ばれるゴマやポピーシード、松の実、にんにく、玉ねぎをミックスしたトッピングを甘くないギリシャ風ヨーグルトにかけて、そのまま食べたり、ピタパンに入れて野菜やハーブと共にサンドイッチにします」(Yさん)

 低脂肪や甘くないヨーグルトは日本でも多いが、野菜との組み合わせや、サンドイッチのソースとしてのヨーグルトは、朝食やデザートとして食べることの多い日本人には、ちょっと新鮮。しかし、味を想像してみると、ほとんど違和感はないと感じられる。

 これまでパンケーキやエッグベネディクト、クロワッサンドーナツなど、ニューヨークで流行したものが日本でもブームになる現象が続いてきた。昨今の日本ではR-1乳酸菌など、機能性食品の面が支持を集めてきたが、今後ニューヨークでの流行の食べ方と共に、新たに「スナック=おやつ」としてのヨーグルトブームが到来する可能性がある。機能性の高いヨーグルトと、新トレンドの「おやつ」――両方の側面が組み合わさることで、今以上にヨーグルト人気が盛り上がりを見せるのかもしれない。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
向井理、道端カレン、雛形あきこらのヨーグルトの食べ方とは
大江麻理子アナ NYでフジ阿部知代アナ宅訪ね身の上相談した
ヨーグルト 同じもの1週間食べ続けないと効果出ないと識者

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。