ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

賛否両論の「氷水」 たけし・金城武・栗原類らが問題提起

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ALS(筋萎縮性側索硬化症)という、日本では1974年に特定疾患に認定された指定難病を支援するチャリティーとして、広がっている「ALSアイス・バケツ・チャレンジ」。指名された人は、24時間以内に「氷水をかぶる」か「ALS協会に100ドル寄付する」か、あるいは「その両方を行う」かを選ぶというもので、さらに次の挑戦者を3人指名することができる。

 世界的大流行を見せるチャリティーの輪だが、氷水をかぶることが心臓に悪いだけでなく、水不足の夏を迎えている米・カリフォルニア州などもあり、インターネット上には批判の声も広がりつつある。

「病気のことなんかそっちのけで、氷水をかぶって目立ちたいだけ」

「必ず3人を指名しないといけないなんて、不幸のメールと同じシステム…」

 そんななか、指名が来る前に先手を打ったのがビートたけし(67才)。8月23日放送の『新・情報7days』(TBS系)でこう言った。

「オレんとこ、そのうち(指名が)くると思うけど、オレはやんないよ。お金も払わない」

 そして、自身のお家芸になぞらえてこう続けた。

「オイラは熱湯の熱い風呂に入って、お金を取る方だから。趣旨が違う」

 冗談めかしてはいるが、このブームに対してたけし流の“NO”を突きつけた形となった。

 また台湾の金城武(40才)のメッセージが、世界的な共感を呼んでいる。指名を受け除湿器のタンクにたまった水に氷を入れ、頭からかぶる約30秒の映像を公開したが、金城本人は終始無言。その後、中国語のメッセージが流れた。日本語に訳すとこうなる。

《この活動によって、多くの人がALSという難病に関心を持ちました。それはとてもいいことだと思います。でも善行が“挑戦”でないことを願います。また“一時の流行”でないことも願います。(中略)でももう誰も指名はしません。この動画を見た人が自発的に社会に関心を持ち、温かい行動をとってくれますように》

 有名人を中心に広がっている指名の輪だが、とうとう韓国の防水自慢のスマホまで氷水をかぶった(画像に対してはネットで若干の疑惑あり)。その後の指名は米・アップル社の『iPhone5s』だったとか。さらに栗原類(19才)は、氷水でなく、現金3万円分の千円札の寄付金をかぶり、こう説明した。

「氷は溶けて消えるし、後処理と水道代が大変だけど、このお金は消えず、そのまま人の役に立つ」

 同様のことをすでにしていたチャーリー・シーン(48才)のパクリという噂もあるが、なるほど。

 さて、あなたに回ってきたら、どんな選択をしますか?

※女性セブン2014年9月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ダルはスルー、BIGBANGから水原希子など「氷水」関連裏事情
唐辛子やカレー粉、しょうが 汗の気化熱で体温下がり食欲増す
46才美しすぎる熟女山田佳子さん 氷水洗顔法で美肌キープ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。