ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

TL文庫の編集長 「ディズニーのようなお姫様願望を満たす」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 現在、10~20代の女性を主人公に恋愛やセックスを描く「ティーンズラブ(TL)」の文庫や単行本は、20を超えるレーベルが林立している。老舗は「ティアラ文庫」。2009年6月創刊で累計200点を超す作品を世に送り出す。9月に創刊1周年を迎えるフルール文庫以降も続々と新レーベルが参入している。

 各レーベルとも、少女漫画コミックを彷彿させる可憐なカラーイラストの表紙で飾られ、巻中にも複数のイラストを挿入している。作家とイラストレーターはほぼ女性で、プロフィール欄には「星座と血液型」が記されているのもお約束のようだ。

 読者の主軸は、各レーベルとも20代から30代、40代を想定しており、女子大生やOL、主婦といった幅広い階層がTLに夢中になっている。

 2011年創刊の「マリーローズ文庫」は、TL市場でも乙女度の高さで有名。中世を舞台にティーンエイジャーのお姫様が、めくるめく恋愛とセックスを体験するヒストリカルラブストーリーは鉄板コンテンツだ。同文庫のY編集長は語った。

「創刊翌年の2012年は、TLバブルといっていいほどヒット作が多かったんです。ウチの『不埒なマリアージュ』(仁賀奈作)も一番のヒットを記録しました」

 同作は、ヒロインのアシュレイと横暴王子ウィルフレッドとの間に、美姫マリベルが絡む、すれ違いラブロマンス。

 王子のプロポーズの言葉は、なんと「早く子孫を残すために、日に三度は性交を義務づける」。堅物のアシュレイは、てんやわんやの騒動の中心にいながら、日々セックスに目覚めていく。

「読者の中心は30代から40代ですが、60代のシニア層にも好評です。

 女性は年齢にかかわりなく乙女心を失いません。だからこそマリーローズ文庫では、読者が抱くディズニープリンセスのようなお姫様願望を満たしながら、ベッドシーンもしっかり描写するというストーリーを重視しています」

※週刊ポスト2014年9月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
原発事故報道で頻出“ベクレル”と“シーベルト”の違いとは
女性向け官能小説が人気 レーベル増加し電子書籍とも好相性
“煽り派メディア”の「被曝限度20倍に引き上げた」は大誤報

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。