ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

有吉佐和子 『日本の島々、昔と今。』でヘリで魚釣島上空飛行

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 作家・有吉佐和子が53歳で急逝したのは、昭和59年8月30日のことだった。没後30年となる節目の今年、新装版や復刊が相次ぐが、時代小説にせよ、ルポにせよ、有吉が描いたテーマや言葉は、あたかも現代日本を予見していたかのようだ。社会と人間の本質を見つめ続けた有吉文学を、今こそ読み直したい。文芸評論家の富岡幸一郎氏が有吉について語る。

 * * *

 政治や思想にたいする冷静な眼差しが、最もよく発揮されている著述のひとつが亡くなる三年前に上梓した『日本の島々、昔と今。』(昭和五十六年)というルポルタージュである。

 北は焼尻島、天売島から、南は与那国まで実際に現地に飛び、種子島では鉄砲の伝来からロケット基地まで、対馬では韓国漁船侵犯の状況を調べあげ、北方領土の島々の来歴と現在を記し、島々の歴史と海の問題(領有権、大陸棚、二百カイリ等々)の複雑さを一冊にまとめている。その根本にある問いは、この海に囲まれた日本はどこまでなのか、というネーション(国民)の土地という問題である。

 

 とりわけ興味深いのは、単行本の最終章の尖閣列島である。昭和五十五年十一月十七日脱稿とあるから、今から三十四年前の記事であるが、今日中国の軍事的・経済的な膨張と侵進によって、日本との間で最大の懸案となっているこの島嶼について、作家はあらゆる角度からの検証を加える。

 歴史的な経緯と地理的な状況、また昭和三十六年に東海大学の地質学者が尖閣の海底に「豊富な石油と天然ガスが埋蔵されている」と指摘しながら誰も聞き捨てにしていたが、この論文がアメリカの海洋地質学誌に載るに及んで、国際石油資本が動きはじめ、各国が目の色をかえてこの地域の調査が行なわれたことも記されている。

 そして昭和四十七年五月の沖縄返還前後から、尖閣列島はまさに「そこに石油がある」ことによって、韓国、台湾そして中国との熾烈な奪い合いが開始された。この本の他の「島々」もそうであるが、作家は書物による知識だけでなく、「出かけて行って実際に島を見る」ことが大切であるとし、運輸省の海上保安庁広報室を訪れ、ヘリコプターで魚釣島上空まで飛行する。そしてこの島嶼の由来について改めて考える。

 

 中国政府が昭和四十六年に領有権を主張したことに悪乗りして、荒畑寒村、井上清、羽仁五郎ら「進歩的文化人」が、「尖閣諸島は日清戦争で日本が強奪したもので、歴史的に中国固有の領土だ。われわれは日本帝国主義の侵略を是認できない」と記者会見で声明を行なったことにふれながら、尖閣の領有権について日清戦争以前から日本人が住みついていたという事実を明記している。

 領土や領海というものを、その歴史と自然条件から冷静に客観的に知ることが大事であり、それを自らの眼で直に感じることこそ作家の仕事であるという有吉の強い信念がうかがえる。

 

 羽仁五郎のように堂々と「中国政府のお先棒を担ぐ」「進歩的知識人」はさすがに表立っては少なくなったが、原発問題や防衛・領土問題をめぐって、冷静な客観的議論を欠いて、マスコミ世論のムードに棹さす文学者や知識人は、今日も後を絶たない。もとより有吉は、尖閣は日本の領土である立場を明確にしているが、国と国との利害がぶつかり合い、戦争状態になるような資源・領土紛争は回避すべきであり、日中の友好関係を大切にすべきであると語っている。

 

『日本の島々、昔と今。』が物語っているのは、国家という枠組と対立のなかで捉えられる「領土」ではなく、国民の故郷(パトリ)であり、人々の郷土(カントリー)としての島々であり、自然としての国土へのいとおしさなのである。

※SAPIO2014年9月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
日本と中国・韓国・ロシア 領土問題の真実をひもといた本
中国は自国の地図で「尖閣諸島は日本領土」と明記していた
尖閣地図掲載の週刊ポストが中国圧力で回収とTwitterで反響

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP