ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フライング・ロータスらが語る日本のゲーム音楽、そしてそのクリエイターたちを描いたドキュメンタリー、RBMAが公開!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本のゲーム音楽に関して、現在のエレクトロニック・ミュージックの最先端から捉えたドキュメンタリー『DIGGIN’ IN THE CARTS』が、今年日本に上陸レッド・ブル・ミュージック・アカデミーによって制作され、順次公開される。

本作品のニュージーランド出身のNick Dwyerによるもので、日本のゲーム音楽の作曲家たちが、世界のカルチャーや、現代の音楽シーンを彩る有名なミュージシャンたちに多大な影響を与えてきたという事実を紹介し、そして当時の制作陣にも取材し、その背景に関しても扱っている。全 6 エピソードを通じてテレビゲーム音楽の進化に新しい焦点を当てていくこのシリーズでは「テトリス」や「メトロイド」を手がけた田中宏和、90 年代初期の東京のクラブ・ミュージック・カルチャーに影響を受け「ベア・ナックル 怒りの鉄拳」のサウンド・トラックを制作した古代祐三、そして世界を代表するオーケストラによって演奏される機会も多い「ファイナルファンタジー」シリーズの音楽を手がけた植松伸夫などテレビゲーム音楽界を代表する作曲家たちの独占インタビューが盛り込まれている。

またテレビ・ゲームに影響を受けたFlying Lotus、Dizzee Rascal、Just Blaze、Joker、Fatima Al Qadiri、Kode9、Havoc、J-Rocc、Ikonikaといったアーティストたちにもインタヴュー、その魅力や影響を語っている。

現在トレイラー(下記)が公開されているが、その後、9 月 4 日(木)から毎週木曜日にエピソード 1〜エピソード 6 まで RBMA が東京で初開催を迎えるまで順次公開される。

10月より開催されるRed Bull Music Academy内の関連イベントとして、11月13日(木)〈Red Bull Music Academy presents 1UP: Cart Diggers Live〉と題したパ^ティが〈WOMB〉にて開催。ニュー・アルバムをリリースしたばかりのRustieとゲーム『ベア・ナックル』の作曲家である古代祐三の音楽を中心にライブセットを披露。またはOneohtrix Point Neverはシューティング・ゲームへのトリビュート演奏を披露。Fatima Al Qadiriはゲームの思い出を現実の音楽体験へと変換する。

(河村)

・RBMA公式『DIGGIN’ IN THE CARTS』の紹介ページ

http://www.redbullmusicacademy.jp/jp/magazine/diggin-in-t he-carts-trailer-release

・9月4日(木)から毎週木曜日、こちらのRMBA公式サイトにてエピソード1〜エピソード6までを順次公開予定。 

http://www.redbullmusicacademy.jp/jp/home/

RBMA presents Diggin’ In The Carts (Series Trailer)

http://www.youtube.com/watch ?v=fwN_o_fi7xE#t=98

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP