体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

朗読で広がる声優による復興支援の輪――声優・井上喜久子さんインタビュー(1)

朗読で広がる声優による復興支援の輪――声優・井上喜久子さんインタビュー(1)

 識字率の低かった時代は「黙読」よりも主流で、さらに教養のある家庭でも娯楽の一環として楽しまれてきた「朗読」。今では「読み聞かせ」や「朗読劇」などとして子どもから老人まで幅広い層に親しまれている。

 普段、作家や著者たちに話を聞いている新刊JPだが、今回は「朗読」にスポットをあてて、本を朗読している人にインタビューを試みた。声優、ナレーターをはじめ様々な人が登場することが予想される第一回は、「ああっ女神さまっ」ベルダンディー役や、「らんま1/2」天道かすみ役などで知られる声優の井上喜久子さん。
 井上さんは2012年に同じく声優の田中敦子さんとともに、東日本大震災の復興支援を目的とした朗読チャリティー企画「文芸あねもねR」を立ち上げた。10人の女性作家によるオムニバス短編集『文芸あねもね』(新潮社/刊)の作品を人気声優たちが朗読するというもので、2人のほかに浅野真澄さん、大塚明夫さん、小野大輔さん、釘宮理恵さん、小山力也さん、ささきのぞみさん、佐藤聡美さん、杉田智和さん、たかはし智秋さん、田中理恵さん、浪川大輔さん、山寺宏一さんらが参加している(五十音順)。
 この朗読作品はオーディオブック配信サービス「FeBe」で有料配信され、その収益は全額震災の復興支援に寄付される(詳細はこちら)。
 今回はこの「文芸あねもねR」の話を中心に、井上さんの想いを聞いた。
(新刊JP編集部)

◇      ◇      ◇

■最初から自分たちの手作りで立ち上げた朗読チャリティー企画!

――今回のインタビューでは、声優朗読チャリティー企画「文芸あねもねR」を中心にお話をうかがいたいと思います。こちらの企画は、井上さんと田中敦子さんが発起人となって、たくさんの声優さんが参加されている東日本大震災の復興支援活動となりますが、どうしてこのようなチャリティー企画を立ち上げられたのですか?

井上喜久子さん(以下敬称略):大きなきっかけは本屋さんで『文芸あねもね』という本に出会ったことです。
もともと本屋さんはすごく好きで、その日も鼻歌を歌いながら面白そうな本がないかなと思って行ってみたら、ちょうど『文芸あねもね』という文庫本が平積みにされていて。まず、「私の事務所(オフィスアネモネ)と同じ名前だ!」と目を引かれて、複数の女性作家さんが書かれたオムニバス形式の文庫本だったので、すごく読みやすそうと思って手に取ってみたんですね。
それで後ろのほうのページをめくってみたら、『文芸あねもね』が全額寄付を目的としたチャリティーの本だということがわかりました。なぜかというと、最後のページにこのチャリティー小説ができるまでの経緯がインターネットの掲示板風に書かれているんですよ(笑)。すごくユニークで、こんな風にしてこの本が出来たんだなと思いながら買って読んでみたら、小説一篇一篇もすごく面白くて。「宝物を発見しちゃった!」という嬉しい気持ちと同時に、この本がチャリティーを目的にできたということから、自分も声優として何かできないかという気持ちが膨らみました。
それまでも寄付をするとか、日常の中でできる限りのことはやってきたけれど、継続的にやっていける活動ができるのがベストだと思っていて、一人の職業人として、できることを探していたんです。

――この『文芸あねもね』という本の企画と、井上さんが思っていたことが線になってつながった。

井上:まさにそんな感じでした! それで、すぐに仲の良い声優の田中敦子ちゃんにこの本を渡して、この本を朗読するチャリティーの企画をやりたいって言ったら、あっちゃん(田中さん)も「やろう!」と賛同してくれて。気持ちが一緒だったんですね。ただ、私は思い付いたら走り出すタイプなのに対して、あっちゃんは頭が良い方だから「まずはツイッターで作家さんに連絡してみるね」って言ってくれて。冷静でした(笑)

――作家さんにSNSで直にアプローチをされて、この企画が本格的に動き始めたんですね。

井上:そうなんです。そのとき、あっちゃんが連絡をしたのが柚木麻子先生だったのですが、なんとここで奇跡が起こって! 実は柚木先生は「フレンズ」という海外ドラマの中のフィービーという登場人物が大好きで、その吹替えを担当していたのがあっちゃんだったんです。だから柚木先生も「田中敦子さんから連絡がきた!!」っていう感じだったらしくて。打ち解けるのは早かったですね。その後、他の先生方の賛同ももらって、出版社(新潮社)の方にもお話をしてくれて。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。