体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

倉木麻衣、ざわちんのものまねメイクに「鏡を見ているようです」と絶賛

倉木麻衣&ざわちん (okmusic UP's)

8月27日に通算40作目となるニューシングル「無敵なハート/STAND BY YOU」をリリースした倉木麻衣が28日(木)、ラゾーナ川崎プラザ2Fのルーファ広場グランドステージにてリリース記念イベントを実施した。

倉木はこの日、ダンサー6名を従えて登場。ビートを刻む力強いダンスフォーメーションで、ダンサーに隠れている倉木はイントロの途中で姿を現した。TV出演時と同じ黒の衣装に身を包み、ステージ中央に立つ倉木。しかし、今日はなぜかマスクをしているではないか…!

「ちょ、ちょっと待ってください! 音止めてください!」

会場が騒然とする中、もう1人の倉木麻衣が現れた…。そう、最初にステージに登場していた倉木麻衣は、ものまねメイクファンタジスタ“ざわちん”だったのだ。

この日、初共演となった倉木麻衣とざわちん。2014年1月にざわちんファンが書き込んだ「倉木麻衣ちゃん風メイクをしてもらいたい!」に始まり、今夏のFNS『27時間テレビ』出演後ますます話題となったざわちんファンからの書き込みは増え続け、「今度、倉木麻衣ちゃんとかアーティストのメイクにも挑戦してほしいですっ☆」というリクエストもあった。それに応える形でざわちんは、7月31日のブログに次のように綴っている。

「確かに最近、
アーティストのメイクを
していないので
やりたいですね!

上品で可憐な
倉木麻衣さん、
私にできるかなぁ」

これを見た倉木が、8月1日の品川ステラボールで行われたライヴに急遽ざわちんを招待した。この日が初対面となった二人のツーショット写真はざわちんブログにも掲載され、話題となっていた。

そして遂に実現した倉木麻衣と“倉木麻衣メイクをしたざわちん”との夢のツーショット。

倉木登場後のトークでは、初対面となった倉木ライヴ時、ざわちんが倉木の顔のすぐ側まで近付いてメイクの様子を観察していたというエピソードや、お互いにとっての“無敵感”についてなどを披露。

「ざわちんさんは素晴らしい才能をお持ちでメイクでたくさんの女性に希望を与えていますよね。今回ざわちんさんに私のメイクをしていただけて、本当に嬉しいです。本当にそっくりで鏡を見ているようです」と倉木はこの日のざわちんメイクを絶賛。ガールズトークは盛り上がり、会場もこのサプライズ企画に何度となく歓声を上げた。

「無敵なハート」のジャケット写真では倉木自身が表現したかった8人の“無敵ガール”が登場しているが、この日の“無敵なスペシャルゲスト=ざわちん”が、この世界観を更に盛り上げていたようだ。

その後、披露されたのは倉木麻衣「無敵なハート」。ダンサー6名を従えて、今度は本物の倉木麻衣がフォーメーションを組み“無敵”な歌声を披露する。

「時にハートが歪んでしまうような弱い自分を鼓舞する曲を作りたかった」そう倉木本人が語るように、その力強い歌詞の世界観とパフォーマンスに、会場に詰めかけたファンだけでなく道行く人たちも多く立ち止まり、会場を埋め尽くしていった。

そしてもう一曲披露されたのは「STAND BY YOU」。今年3月に社会活動の一環で訪れたカンボジアで出会った子供たちとの出会いからインスパイアされたというこの楽曲を、語りかけるように歌い上げた。

8月30日には自身初となる『神戸コレクション2014A/W』への出演が決定し、9月からは全国ホールツアーも行っていく。今年デビュー15周年を迎え、様々な活動が展開されて行く中、今日披露した2曲が倉木麻衣15周年YEARの代表曲になることは間違いなさそうだ。

シングル「無敵なハート/STAND BY YOU」
2014年8月27日(水)発売
【初回盤A】(CD+DVD)
VNCM-6036/¥1,204+税
<収録曲>
1.無敵なハート
2.STAND BY YOU
3.無敵なハート ~Instrumental~
4.STAND BY YOU ~Instrumental~
<DVD収録内容>
「無敵なハート」Music Clip

【初回盤B】(CD+DVD)
VNCM-6037/¥1,204+税
<収録曲>
1.無敵なハート
2.STAND BY YOU
3.無敵なハート ~Instrumental~
4.STAND BY YOU ~Instrumental~
<DVD収録内容>
「STAND BY YOU 」Music Clip

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。