ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【今さら聞けないIT用語基礎講座】ハッカソン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ハッカソンとは、プログラマーやグラフィックデザイナー、プロジェクトマネージャーなど、IT技術者、関係者が集まり、ソフトウェアやシステムを共同作業で作り上げるイベントのこと。ハック(コンピューター好き、仕事術など多数の意味が込められた単語)とマラソンを組み合わせた造語だ。

イベントにより順序が前後する場合もあるが、ハッカソンの大まかな流れは次のようなものとなることが多い。

まず、事前ミーティングとして「アイデアソン」を実施。ここで参加者はチームに振り分けられ、交流を深めながらイベントのテーマに沿ったアイデアを出していく。アイデアを基に、チームとして作りたいソフトウェア、システムが決まったら、プレゼンテーションを実施する。

アイデアソンで考案したものを、ハッカソンで実際に制作するが、マラソンを語源とするとおり、24時間徹夜のハッカソンや1週間程度を費やすイベントも存在する。チームで作り上げた作品は、発表会で審査員や聴衆に公開。優秀な作品が表彰される仕組みだ。

以上の流れから、ハッカソンは、制作物に対する情熱が必要なのはもちろん、発想力やユーザーが求めるものをくみ取る洞察力、そして短い時間でも過不足なく伝えるプレゼンテーション力など、チームとして総合力が求められるイベントといえる。

日本国内でもハッカソンは行われており、IT企業がほかの業界を巻き込んだり、IT以外の業種がハッカソンを行ったりしている。例えば、NHKやTBSといった放送局が番組と連動するアプリ、ウェブサービスを作るハッカソンを開催した。一方、水産業の活性化を目的として、一般消費者向けウェブサービスを考案する「水産ハッカソン」など、その業界の課題を解決する試みも行われている。

IT業界と関わりの少ない人にとって、ハッカソンは馴染みのないイベントかもしれない。しかし、Facebookの「いいね!」ボタンは、社内ハッカソンから生み出されたもので、実は身近なところでその成果と接しているのだ。

関連記事リンク(外部サイト)

拡張現実
漁業ハッカソンで水産資源を守る
「au未来研究所2014」がキックオフ!  2年目の柱は「スマホの次の発明」を目指す “ハッカソン”

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP