ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

伝説のシリーズ最新作、邦題は『マッドマックス 怒りのデス・ロード』に!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

伝説のシリーズ最新作、邦題は『マッドマックス 怒りのデス・ロード』に!

当時まったくの無名だったメル・ギブソンを主演に放った1979年の伝説的映画『マッドマックス』。このシリーズ最新作の邦題が、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』に決定した。2015年夏、日本上陸する。

一作目は、低予算ながら改造車をふんだんに使い、カーアクション映画の金字塔に。1981年の『マッドマックス2』は、全世界で大ヒット。荒廃した世界感、改造車と暴走族、モヒカン刈りなど、80年代のポップカルチャーに大きな影響を与え、日本でも人気漫画「北斗の拳」に多大な影響を与えたと言われている。1985年には、ティナ・ターナーらを迎え、更に大スケールとなった『マッドマックス/サンダードーム』が公開。そして30年ぶりの新作が、この『マッドマックス 怒りのデス・ロード』である。

メガホンを取ったのは、シリーズの創始者であり、すべての監督と脚本を務めるジョージ・ミラー。主人公のマックスを演じるのは、メル・ギブソンに代わり、『ダークナイト ライジング』で悪役ベインを演じたトム・ハーディ。そして女戦士役で、シャーリーズ・セロンも参戦する。

近未来の荒廃した世界を舞台に、映画史上最も過激なハイパー・リアルなアクションが繰り広げられることは必至!今から期待は高まるばかりだ。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』は2015年夏、全国ロードショー

(C)2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。