ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スポーツで起こる脳震盪 命の危険回避に専門家の診察不可欠

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 脳は硬い頭蓋骨に守られているが、脳そのものはビニール袋のようなものに包まれ水に浮いている状態で柔らかい。脳細胞は脳の表面に集まり、中心部には生命維持に関わる脳幹があり、その間をケーブルのように神経が繋いでいる。

 脳はあるスピードでゆすられると、頭蓋骨と脳の揺れ方にひずみが生じ、脳の深い部分のケーブルが損傷される。スノーボードで後ろ向きに倒れる、ボクシングでパンチを受ける、柔道の大外刈りで投げられる、ラグビーでタックルされるといったことで、脳が激しくゆすられ、ダメージを受けるのが脳震盪(のうしんとう)だ。

 東京慈恵会医科大学病院脳神経外科の谷諭教授に話を聞いた。

「脳震盪の症状は失神だと思っている方が多いのですが、それだけではありません。脳震盪の前後のことを忘れる健忘や時間や方向感覚、認識力などが失われる失見当識(しつけんとうしき)といった認知機能障害、平衡感覚の失調、頭痛やめまい、物が二重に見えるといった症状も起こります。症状は短時間で消失することが多いのですが、脳震盪を起こしたらスポーツを中断し、専門家の診察を受けることが不可欠です」

 脳震盪後、著しい症状は消失しても頭痛が続いている場合は注意が必要だ。脳と硬膜を繋いでいる血管から出血している可能性があり、また出血していても量が少ないためCTスキャンでも発見されないことがあるからだ。頭痛のままスポーツを再開し、再び脳震盪を起こすと命に関わる。以前に出血した血管の瘡蓋(かさぶた)がとれて出血し、急性硬膜下血腫を起こし、さらに脳が腫れて死に至る。

 頭痛がある2回目の脳震盪による死亡率は30~50%と高い。

■取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2014年9月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
クモ膜下出血 年間5000人に1人発症し約40%が3日以内に死亡
血便で救急搬送される人の約半数は痛みほぼない大腸憩室出血
クモ膜下出血 買い物や就寝中などいつでも発症の可能性あり

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP