ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

堀内恒夫氏 王貞治氏に殴られた巨人寮で過ごした思い出語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 現在参議院議員として活躍する堀内恒夫氏は、読売巨人軍が1965年から1973年まで9年連続してプロ野球日本シリーズを制覇した時代を支えたエース投手だった。堀内氏は輝かしい成績の大エースでありながら、初々しいルーキー時代から素行と態度の大きさゆえに「悪太郎」の名で呼ばれていた。当時の寮長に巨人の歴代三ワルと呼ばれ、王貞治氏から鉄拳制裁を受けた時代の思い出を、堀内氏が語った。

 * * *

 きっかけは1年目にあります。入団に際して記者が質問する時に、時間や場所をずらして1社ずつ同じようなことを聞いてくる。それで「面倒臭いから1つにまとめてくれ」といったんです。そんな生意気なことをいう高卒ルーキーなんていませんよね(笑い)。だから記者はカチンときたんでしょう。

 それで2年目、腰を痛めて多摩川(二軍)で調整している時に総攻撃されました。生意気な堀内が二軍に落ちた、これで終わりだといわんばかりに、紙面に「悪太郎の目にも涙」だの「天狗の鼻が折れた」だの、それはボロクソに書かれました。まァ僕は常にマスコミとは戦いだと覚悟していたので、書かれても仕方ないとは思っていましたけどね。

<その2年目にノーヒットノーランを達成したのだから、批判が堀内をエースとして成長させる糧になったのかもしれない。堀内は当時、門限破りの常習犯だったと伝えられ、宿舎に帰った時に見つかりそうになってスーツ姿で湯船に隠れたとか、見かねた先輩の王貞治から鉄拳制裁を受けたといった伝説が残る。>

 門限破りを繰り返したのは3~4年目になってから。それに、世間がいうほど破ってない(笑い)。

 スーツで湯船に隠れたのは確かに1年目ですが、あの時は酒を飲んでいたわけじゃない。先輩が合宿を抜け出して僕も連れて行かれ、1人で先に帰された時に風呂場の窓から入ったところ、鬼軍曹といわれた武宮敏明寮長がたまたま見回りに来たので、慌てて湯船に飛び込んだんです。新調した白いスーツのまま、肩までお湯に浸かって隠れた。

 その後スーツを絞って乾かすと、肩のところ横一線に垢の跡がくっきりつきました。当時3万5000円のスーツは、2000円で質屋に入れる羽目になりました。

 王さんから殴られた話も事実です。あれは遠征の時で、夜に旅館の帳場で実家に電話をかけていたら、王さんがやって来て大広間に連れて行かれて突然殴られた。門限破りをするのは合宿所だけで、遠征先ではやったことはない。理由が分からないから殴り返そうかと思ったくらいです。

 ただ、王さんは自発的に暴力を振るうような人じゃない。おそらく王さんに「お前が一度ガツンとやれ」と焚きつけた先輩がいたのでしょう。生意気で成績が上がっているから締めておけということ。まァ、1年目の選手に活躍されると面白くない人はいますから。

※週刊ポスト2014年9月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
フジ山崎夕貴アナ 寒さの中でも見せてくれたスレンダー美脚
子育てが落ち着く結婚11年目以降に浮気始める女性が多くなる
小向美奈子が逮捕時に着用の巨大谷間露出スーツ購入現場激撮

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP