ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

土砂崩れ生存者 共通点は「1階にいない」と「予兆感じた」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 8月27日現在で70人もの死者を出した広島県の土砂崩れ被害。広島県の報告によれば、20日未明の土石流の発生か所は安佐北区で37か所、安佐南区で13か所。他にも、3か所で崖崩れも発生していた。

 現場では10トン級の岩石まで流されており、今回の土石流は、瞬間的に時速140km(平均は20~40km)を超えていた可能性も指摘されている。

 自衛隊員や警察官、消防隊員ら、約3500人におよぶ救助隊による決死の捜索活動が続くが、今も断続的に豪雨が降り、時折、中断を余儀なくされるため、捜索活動は思うように進んでいない。安佐南区緑井の消防団員がこう語る。

「発見された遺体の多くは、目を覆うような状態のものばかりです…。押し寄せた土砂と大木に、一瞬で潰された人がいる一方で、すぐ隣にいた人が無傷で助かっていたりするんです。あと数m横にズレていれば、あと数秒早く避難していれば…。そう思うと無念でなりません」

 被災地で生死を分けた境目は、どこにあったのか。本誌は九死に一生を得た複数の生存者から話を聞いた。

「あまりに雨がすごいんで、玄関に行って外の様子を見たら、家の前がすでに激流になっとるんです。“こりゃ避難は無理だ”と思って、妻と一緒に2階に逃げようと階段を上がり始めた直後に、台所から土砂が家の中に入ってきて、1階がメチャクチャになったんです…。避難があと5秒遅かったら、死んでたかと思うとゾッとしますね」(安佐北区可部・65才男性)

「私は県営住宅の1階に住んでたんだけど、他の住人が、“土砂くるぞ! はよ上の階上がれ!”って叫んでくれたんです。すぐに部屋を出て、階段で3階まで上がってね。そしたらもう、私の部屋の窓を丸太が突き破って、一気に土砂も入ってきてました」(安佐南区八木・ 50才男性)

「うちの前に住んでる90才のおばあちゃんな、1階は土砂で破壊されて、2階部分だけが20mほど坂の下まで流されたんですわ。2階で寝てたみたいで、流されながら“助けて~!”って叫び続けてたって。で、家ごと流されてる途中で他の家にぶつかって止まって、おばあちゃん、2階から脱出して無傷で助かったんです」(安佐南区八木・51才女性)

 生存者に共通しているのは、みな「1階にいなかった」ということである。防災都市計画研究所の吉川忠寛所長がこう語る。

「土砂災害の場合、避難場所まで間に合わない、という時は、“垂直避難”といって、とにかく同じ建物内の高い方に逃げるんです。2階、3階と上の階を目指すのが重要です」

 そしてもうひとつが、“予兆”を感じていたことだった。

「土砂が来る少し前、アンモニアと土が混ざったような、嫌なにおいがした」(安佐北区可部・41才男性)

「腐った土のようなにおいがしてきた。それから、ゴロゴロっという岩が転がるような音も聞こえた」(安佐南区緑井・34才女性)

 この「におい」と「石の音」は、土砂災害時の重要な予兆で、もし山あいの集落に住んでいて、普段嗅いだことのない泥や土のにおい、それに岩の摩擦音が聞こえた場合、即座に避難するべきなのだという。

※女性セブン2014年9月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
広島土砂災害 自宅全壊でも支給額300万円、ローン残る場合も
広島土砂災害の教訓 雨量より要警戒の「風化花崗岩」存在地域
綾瀬はるか 広島帰省中に土砂崩れ発生し母校や友の安否確認

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP