ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

旅立ちは昔も今も日本橋。羽田空港に日本橋が登場!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

江戸時代、旅の始発点は日本橋でした。その日本橋が装いも新たに羽田空港に設置されています。

まさに旅立ちは昔も今も日本橋。総檜(そうひのき)づくりの「はねだ日本橋」が羽田で旅行者の出発を待っています。

4階商業エリアには、伝統の技と味を提供する「おこのみ横丁」をオープン。そして根津とうふ攻防須田、木村屋總本店、にんべん、一心堂本舗、宮川本店、梅園の東京を代表する老舗6店舗が新たにオープンします。

また、拡張を記念して、8月28日(木)から8月31日(日)の4日間、「はねだ江戸まつり」が開催され、忍者や町娘など江戸時代の人々が羽田空港に集まり、チャンバラや花魁道中などのイベントが行われます。江戸時代風のコスプレで来場した方には縁日への参加券がプレゼントされます。あなたも羽田空港で江戸の町人になってみてはいかがでしょうか?

9月12日には、「和CAFETERIA DINNING24羽田食堂」「吉野家」「モスカフェ」の和をコンセプトとした飲食店が新たに加わる予定。

この秋、そして年末年始、「はねだ日本橋」から、素敵な旅をお楽しみください!

Post: GoTrip http://gotrip.jp

ホンモノのひのきで作られた全長25mの「はねだ日本橋」。

江戸の町の賑わいを知る事ができる「江戸図屏風」。

「はねだ日本橋」は、本家の日本橋保存会も了承しているそうです。

上から眺めると本当の橋のよう!とても空港内とは思えないです!

日本の夏を代表する朝顔です。涼しさを感じられます。

「はねだ江戸まつり」の案内。花魁道中やチャンバラのイベントに合わせて羽田空港へ!

日本橋の下からの様子。飛脚もいます!

「はねだ日本橋」の前に立っている看板。ここから旅がはじまります!

Via:羽田空港国際線旅客ターミナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP