ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

韓国ソウル市 : 街を流れる川を利用した水力発電によるスマートフォン無料充電サービスを提供へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

韓国のソウル市は 8 月 27 日、同市の中心部を流れる清渓川の水流を利用した発電システムでスマートフォンを充電できる施設を今後設置すると発表しました。計画は、清渓川の広通橋に小型発電システムを3基設置して電気を発生・蓄電。スマートフォンやタブレット、PC のユーザーは、その場から 20m 離れた歩道上の充電ブースで電子機器のバッテリーを無料で充電できるようになるそうです。ブースは 5 つ設置される予定です。最近では、太陽光を利用した充電ベンチが米ボストンの公園に設置されるなど、海外では自然エネルギーによる発電システムでスマートフォンなどの充電サービスを提供する取り組みが行われています。その派生系が今回の「小水力スマートフォンの充電ブース」です。こういった公衆充電施設は便利な反面、無料をいいことに占領したり、無料の家庭用電源と勘違いしてその場で生活しだすなど、多く人々が電子機器を手軽に充電できるようにするという本来の目的を尊重しない使い方をされることが懸念されます。Source : 聯合ニュース


(juggly.cn)記事関連リンク
ソフトバンク、シャープ製Androidスマートフォン6機種とARROWS A 301FのApp Pass対応化アップデートを開始
ドイツの研究所、相手の表情から感情を読み取る“スカウター”にも似たGoogle Glassアプリを開発
Cyanogen、一部の登録者を対象に“クールな新機能”を備えたアルファ版の非公開テストプログラムを実施へ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP