ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

彦摩呂 おいしく見せるテク「とんかつは左から3切れ目から」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 グルメリポーター転身が芸能活動の転機になったという彦摩呂(47才)。「○○の宝石箱や~」など独特の表現で人気を集めているが、そうした表現だけではなく、食レポ中はおいしく見せるためにさまざまなテクニックを使っているという。新シリーズ企画「転機」第1回では、食レポの極意を彦摩呂本人に聞いた。

――料理をおいしく見せる工夫を教えてください

彦摩呂:料理が運ばれてきたときから、勝負です。「おいしそうですね」と言うだけじゃなくて、お皿を両サイドから支えるように手を添えるだけでグッとおいしく見えるんです。グルメの天使の羽と呼んでます(笑い)。

 食べるときは、トンカツの場合は、左から3切れ目を箸で持ち上げる。一番大きくて、断面の油と肉の比率が絶妙です。寿司なら、ちょっと持ち上げて傾けることで、ネタが照明の加減でキラキラ光るんです。ラーメンもひと工夫が必要です。レンゲは、スープをすくうんじゃなくて押し込むように沈める。そうすることで、レンゲにぐるっと軽い渦を巻きながらスープが入ってくるので、そのさまがメッチャそそるんですよ。

――そこまでしているのは、彦摩呂さんぐらいでは?

彦摩呂:そうかなあ。ホンジャマカの石塚さん(石塚英彦)は、食レポするときのダジャレの才能がすごいでしょ。本当に尊敬しています。一緒にロケに行かせてもらうのがいつも楽しみなんです。

――ライバル関係ではないんですか?

彦摩呂:ぜんぜん、ライバルとかではないです。“グルメ協定”を結んでいて、お互い色々使っていこうと話をしています。ぼくが“まいうー”を使って、石塚さんが“宝石箱”を使って、お互い(テレビで)長生きしようって話していました(笑い)。

――彦摩呂さんはお店で出たものはすべて食べ切ると聞きましたが。

彦摩呂:そういう時もあったんですけど、今は完食しないでスタッフと分けたりしています。以前はなぜ食べ切ってたのかというと、散々「おいしい」と言っているから、残すと店の人に「テレビやからおいしいと言っているだけで、ほんまはおいしくないと思ってるんちゃうか?」と思われるのが嫌だったんです。だから、「カット、オッケーです」と言われたらすぐに「ご主人、ほんまおししいわ」って食べてた(笑い)。でも、どんどん太っていくのでやめました。

――自分の口に合わない料理も出てくるときがありますよね。そういうときはどうするんですか?

彦摩呂:好き嫌いはほとんどないんですけど、ホヤが苦手なんですよ。「おいしい」と嘘は言えないから、出てきた時に「すごいなこれ、好きな人にはたまりませんね」って。「インパクトあるな、この味」と言ったり、「ご主人のところ築何年ですか?」って話を変えたりして。

――今まで、1日で最高どれくらいの数のお店を回りましたか?

彦摩呂:最近は石塚さんとか(寺門)ジモンさんとかギャル曽根ちゃんとか、1日10軒行きましたね。『いきなり!黄金伝説。』(テレビ朝日系)で、5日間しかスケジュールがないのに、ランキングのベスト30位を食べ尽くすという企画があって。1日6軒は回らないと終わらないんですよ。2日目くらいから、お風呂上りにバスタオルで体拭いたら、カレー粉のにおいがしてね(笑い)。

――グルメリポーターとして最近、心がけていることはありますか? 

彦摩呂:太りすぎたので、ちょっと体を絞ろうと。食べてる姿見て、心配されると、グルメリポーターとしての使命が崩れてしまうので。だからといって激やせしたくないので10kg落とそうかなと。今は103kgなので、90kg台にしたいですね。たまに、運動しようと犬を散歩しているんですけど、はあはあ言うと犬が心配して振り向くんですよ。ぼくが散歩させられてるんです(笑い)。

【彦摩呂】

1966年9月15日生まれ。大阪府出身。1988年、アイドルグループ・幕末塾の一員として『ナイスガイ・コンテスト』(フジテレビ系)で準グランプリを獲得。ライブ公演を中心に活動し、映画やドラマに出演。アイドルからタレントに転身後、情報番組のリポーターを中心に活動。特にグルメでは、料理を絶賛するセリフが物真似されるなど、人気グルメリポーターとして活躍中。

撮影■田中麻以


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
辛口グルメ評論家が出禁事件の実体験など業界の裏側描いた本
「B級グルメ」という言葉が使われ始めたのは1985年から
田崎真也が伝授 ビジネスに役立つソムリエの「五感表現力」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。