ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

レイザーラモンRG 先に売れた相方に「知名度上げてくれ感謝」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“あるあるネタ”でブレークし、今年2月にはピン芸人のNo.1を決める『R-1ぐらんぷり』で準優勝。今、ノリにのっているレイザーラモンRG(39才)だが、かつてはどん底に陥り、苦労の連続だった。好評シリーズ『転機』第4回では、相方、レイザーラモンHGが売れた時の心境、そしてピン芸人としてだけでなく、お笑いコンビ・レイザーラモンとしての今後についてRGに迫った。

――なかなか言わない“あるあるネタ”でずいぶん、テレビでも活躍するようになりましたが、生活も一変したんじゃないですか?

RG:家族で回らないお寿司に行けるようになったぐらいですよ。ただ、収入がまったくないどん底人生も知っているので、贅沢はできないです。子供もいますから、余計なお金は使わないようにしています。でも、家を買うってことが現実的になりましたね。

――2005年に相方のHGさんがブレークした時はどうだったんですか?

RG:あの時はHGのおかげで仕事が増えたんですよ。東京のテレビ局に出入りすることもありましたし、あいつがぼくのことをどう思っているかは知りませんが、全国的に認知度を上げてくれたことには感謝しています。だから今は、ふたりで漫才のほうにも力を入れています。あの時、HGが細木数子さんに番組で怒られたこととか、HGが“レイザーラモンにはRGというのがいる”と東京の番組でぼくのことを売り込んで知名度をあげてくれたこととか、ふたりの関係を落とし込んだ漫才ネタを作っています。

――HGさんといえば歌人の俵万智さんからも「言葉選びのうまい人」として桑田佳祐さんや中島みゆきさんよりも上として絶賛されていましたが。

RG:そうなんです! 俵万智さんとは『共感百景』(テレビ東京系)という番組で一度ご一緒しただけなんですが、ぼくがツイッターでやる“あるあるネタ“でつける“~しがち”というフレーズを“ロケットの発射台のようだから、『がち』に合わせていろいろとネタをやったほうがいい。RGさんがツイッターでやっているあるあるネタは道端の石ころにひとつひとつ名前をつけているようなものだ”とお褒めの言葉をいただいて。歌人の俵さんから絶賛されたということで、ぼくもツイッターでの肩書は『歌人』になっています。

――これからトライしたい“あるある”はありますか?

RG:旬で話題になっている人の“あるある”です。STAP細胞で渦中の小保方晴子さんのネタは先日、“小保方ある子”としてファンとのバスツアーでやらせていただきました。ゴーストライター問題の佐村河内守さんは自分のライブの時にやったんですが、ほぼ同時期にマキタスポーツさんも自分のライブで取り上げていたみたいで。こういう旬の人のネタは誰よりも最速でやりたいっていう気持ちは強いですね。

【レイザーラモンRG】1974年6月8日熊本県生まれ。学生時代にプロレス同好会でHGこと住谷正樹と知り合い、お笑いコンビ『レイザーラモン』を結成。コンビとしての活動のほか、ピン芸人として歌に合わせ「〇〇あるある早く言いたい~」を歌い続ける、あるあるネタでブレーク。ツイッターのアカウントは@rgizubuchi


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
レイザーラモンRG TUBEのライブに珍影響与えた可能性指摘
レイザーラモンRG あるあるネタ&S・ジョブズネタ誕生秘話
プラモデルの箱絵 1960年代以降は第一線画家起用の流れ定着

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP