ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

後輩芸人が語る有吉弘行からの教え「プライドを捨てろ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 お笑いコンビのマシンガンズ(滝沢秀一・37才、西堀亮・39才)が、第5回となるシリーズ企画「転機」に登場。女性の面倒くさいところを挙げ連ねては「MAXめんどくせぇ!」と叫ぶなど、キレ芸で知られる2人が、コンビ結成からWツッコミが生まれたきっかけ、先輩芸人の有吉弘行や上島竜兵からかけられたアドバイスなどを語ってくれた。

――2人は変わった出会いかたをされたとか?

滝沢:出会いはお笑いのカルチャースクールだったんです。入ったらぼくらしか若い人がいなかったんですよね。周りは部下とコミュニケーションを取りたいサラリーマンだとか、子供を育て上げた主婦とかばっかりだったんです。

西堀:2人とも間違って入ったから知り合えた。でも毎年、結構その学校は間違えて入る人がいて、ぼくらの前がだいたひかる、Wコロン、ザ・ギースもそうだよね。みんな間違って入ってきて、お笑いで長続きしてる。

――そこでコンビを組んでデビューを目指すわけですね。

西堀:当時お笑いをどうやっていいのかわからなかったんですよね。ネタを作ったけど、どこに連絡すればいいんだろうという感じだったので。

滝沢:劇団に入ったりといろいろあって、今度は大きなところに行こうと。

――プロダクションの入りかたが、また面白い。

西堀:1度履歴書を送って断られてるんですよ。それで気づかないふりをしてもう1回送ったんです。次は学校に通えと言われたんですけど、それってお金がかかるじゃないですか。気づいていないふりして書類を送ったんです。そうしたら呼ばれて、最初は断るつもりだったようなんですけど、ネタを見せたら当時の部長が気に入ってくれて。

滝沢:無神経なふりをするというか、気付かない鈍感力。当時はまだ鈍感力という言葉がなかったので、ぼくらが走りですね(笑い)。

――デビューしてからマシンガンズの名前が浸透するのには、時間がかかっていますよね。

滝沢:ぼくら1998年結成で、8年目の時に辞めようと思ったんです。オーソドックスにボケとツッコミのネタをしていたんですが、これが見事にウケなかったんですよね。それで腹立つこととか、客に対しての不満とかをぶちまけてから辞めようと思ったら、それがちょこちょこウケるようになって。今ぼくらがやっているWツッコミとか、キレ芸の原型になっていたんですね。

――2006年のキレ芸のブレークが大きな転機ですね。

滝沢:『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)って結成10年以内が出られるので、間に合うかなって、やっと8年目に本気になりましたね。それまでは出てもどうせ落ちるだろうって。

西堀:評価されるとやる気になるね。まったく評価されないで続けるのは大変。

滝沢:9年目で初めて準決勝までいったんです。

――先輩芸人から受けた影響などはありますか?

西堀:紆余曲折を見てるってことで言うと、有吉さんですね。本当に仕事のない時も見てるから、ぼくら。どん底の時も見ていて、今みたいに上っていく過程も見ているので。何か言われたってよりも、こういうことってあるんだなって思わせてくれましたよね。

――学んだ言葉などは?

西堀:有吉さんからは「頭を下げろ」って言われましたね。キレ芸って、怒ってる芸風なので、わりと“怒る”をやってしまうんですよね、ネタ以外にも。でも「折れろ」って。「変なプライドを持つな」とか「売れてないくせに高みにいるな」とかも言われるんです。ちゃんと頭を下げて、プライドを捨ててやらなきゃだめだよと。飲みの場とかで、なにかにつけて言われます。

滝沢:ぼくは上島さんに「ボスを作るな」って言われましたね。師を決めてついていくのではなく、誰とでも良くしろと言われましたね。特定の大先輩についていると、他の人が声をかけてくれないって。だからボスを作るな。先輩たちもそうしてるんだと思いますね。

――演じている時に心がけていることは?

西堀:ぼくらは他のグループと逆で、同じネタを何度もやると滑るんです。最初は下手でも、それは本当に怒っているので、ネタとしては面白いんですよ。繰り返すうちに、まあ許そうみたいになっちゃいますからね。たぶん、怒りが浄化されるんでしょうね。

滝沢:だから、あまりネタ合わせをしない(笑い)。

――滝沢さんは小説『かごめかごめ』を上梓されたばかりですね。

滝沢:ぼくは今、ごみ収集の仕事をしているんです。ごみを拾っているうちに、この家は毎回出すゴミが汚いから男性だとか、『an・an』を捨ててあるからここは女の人が多いマンションなのかなってわかってくるんです。そこから、ストーカーの話につながっていったら怖いなって。マシンガンズと並行して7~8年くらい、毎年、文学賞に送っていたんです。そうしたら昨年、初めて賞をいただきました。

――今後の目標はありますか?

滝沢:ぼくら、タイトル獲ってないんですよ。欲しいですね。

西堀:やっぱり続けていくということだよね。続いているのは続けていける理由があるから。着実に進んでいるってことだと思いますね。滝沢は本とかですし、ぼくはピンで『オールナイトニッポン』もやったんですよ。それぞれ適性が出てきていて、それで2人揃った時に、前よりよくなればいいなと思いますね。

【マシンガンズ】 カルチャースクールで出会った滝沢秀一と西堀亮の2人により、1998年にコンビ結成。2008、2009年M-1グランプリ準決勝進出、2012年、THE MANZAI 2012認定漫才師50組に認定される。「E☆エブリスタ電子書籍大賞」を受賞した小説を改題した『かごめ かごめ』で、2014年3月に滝沢が小説家デビュー。

撮影■田中麻以


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
『八重の桜』出演の歌舞伎界プリンス 服装は祖母の意見聞く
後輩芸人が語る有吉弘行 「あの人はいつまでたっても庶民」
山路徹氏 「美しい不倫とは夫婦生活が破綻しているケース」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP