ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Qi採用のワイヤレス充電できる外付けバッテリー「QiStone+」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォンやタブレット端末を持ち歩くとき、万一に備えて外付けバッテリーをバッグにしのばせる人もいるだろう。

端末を頻繁に使ったり、あるいは旅行などで充電が難しかったりするとき、そうした外付けバッテリーは電池消耗の早い端末の“救世主”になる。

そんな持ち運び用外付けバッテリーに新たなタイプが登場した。ワイヤレス充電の規格Qiを採用した「QiStone+」だ。

Qiを採用しているというのは、つまりケーブルでつながなくても端末を充電できるということ。「QiStone+」は名称にもあるように、一見、平たい石のような形状で、その平らな部分にスマホなどを載せるだけで充電できる。

Qi対応型ではない端末は、Qiのレーシーバーを端末に取り付ければ使えるようになる。また、USBポートにつないで利用することも可能だ。

Qi対応の端末をワイヤレスで、Qi非対応の端末をケーブルにつないで、同時に2台を充電することもできる。QiStoneの上に別のQiStoneを載せて片方を充電できるのも面白い。

QiStone+のサイズはPCのマウスほどで(10.5×7.2×2センチ)、重さは135グラム。バッテリー容量は4000ミリアンペアで、iPhoneなら2.5回フル充電できる。

外出時に便利なのはもちろん、石と間違うような面白いデザインなので、インテリアと実用を兼ねて机に置いて使うというのもありだろう。

米国Amazonなどで79.9ドルで販売されている。

QiStone+

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP