ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今年の十五夜はシャトレーゼのお月見デザートで秋の夜長を楽しもう!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

シャトレーゼは、9月8日の十五夜にむけ、お月見気分をより一層盛り上げる洋菓子・和菓子を8月29日より全国の店舗にて順次発売。「月見団子」、「月ゆめうさぎ」、「月ゆめモンブラン」の3品をご紹介する。

まずは、秋の澄んだ空に美しく輝く満月に豊作祈願や収穫の感謝をするためにお供えする「月見団子」(粒餡6個入388円/こし餡6個入388円/こし餡15個入810円)。白州名水で自家炊きした餡を、山梨県産コシヒカリを自社精米した米本来の風味と食感が味わえる生地で包んだこだわりの一品。黄色の団子をひとつのせて、お月さまを表現している。発売日は9月5日から8日。

月にいるうさぎをイメージした「月ゆめうさぎ」(280円)は、うみたて卵を使ったなめらかなプリンに、カラメルソースとバニラスポンジを重ね、カスタード生クリームを絞ったもの。ミルク感のあるプリンはさっぱりとした後味で、濃厚で香りのよいカラメルソースがアクセントになっている。発売日は8月29日。

秋の夜を楽しむのにぴったりな「月ゆめモンブラン」(360円)はダコワーズ、バニラスポンジの上に、自家炊き粒餡、生クリームを重ね、紫芋のクリームで覆った和洋折衷のスイーツ。紫芋のほっくりとした濃厚な味わいと生クリーム、粒餡との相性が楽しめる。発売日は9月5日から8日。

シャトレーゼのデザートは秋の夜長を楽しむのにぴったり。9月8日は家族でわいわいお月見を楽しみながら、秋の味覚に舌鼓をうってみてはいかがだろうか。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP