体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

台湾の「誠品書店」の新型店舗、「誠品生活」に行ってきた!

台湾の「誠品書店」の新型店舗、「誠品生活」に行ってきた!

台北のランドマーク、台北101のある信義区。ここには外資系企業をはじめ、ホテル・商業などの開発も現在進行しており、台北の中でも勢いのあるエリアです。ここに「誠品書店」の新型店舗、「誠品生活」はあります。

誠品書店と言えば、代官山蔦谷書店のモデルになったとも言われている書店で、書籍を中心に台湾のカルチャーが楽しめることで知られている書店です。台北に行ったら、絶対に訪れるべき本屋として、聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

こちらの誠品生活には、ファッション、生活雑貨、書籍、音楽、お茶、飲食など様々な売り場があります。おまけに映画館、コンサートホール、そしてなんと今後はホテルまで併設されるそうです。

カーブがかったガラス張りの建築は、周辺の緑が映り込み、とてもバランスよく溶け込んでいます。実はこちら日本人建築家の伊東豊雄さんによる設計です。

1階のエントランスには、誠品書店が注目するアーティストの作品が並びます。有名無名に関わらず、季節ごとにキュレーションされています。

台湾の「誠品書店」の新型店舗、「誠品生活」に行ってきた! 台湾の「誠品書店」の新型店舗、「誠品生活」に行ってきた!

2階は「暮らし」にフォーカスした生活雑貨、DIY、文具、台湾食材などが並びます。おもしろいのは、これらが実際の作り手・制作体験と共に展示されていること。銀細工、ガラス細工、オルゴール制作など、ものづくりのスタジオを見ているだけでも楽しくなります。

台湾の「誠品書店」の新型店舗、「誠品生活」に行ってきた! 台湾の「誠品書店」の新型店舗、「誠品生活」に行ってきた! 台湾の「誠品書店」の新型店舗、「誠品生活」に行ってきた! 台湾の「誠品書店」の新型店舗、「誠品生活」に行ってきた! 台湾の「誠品書店」の新型店舗、「誠品生活」に行ってきた!

3階は書籍とお茶、モノの融合フロア。台湾ならではのお茶の良さを見つめ直そうという試み。書籍スペースを囲むように、趣向の異なる喫茶エリアが展開されています。

DSC05338

地下には、台湾の商業施設に欠かせないフードコートがスタイリッシュに展開されています。行列の耐えない人気ベーカリー「呉寶春麥店」、台湾でデザイン・メニューともに勢いのあるVVGグループによるプロデュースの「VVG Action 好樣情事」「Pinknic 野餐吧」など、テナントの顔ぶれも非常に豪華です。

1 2次のページ
生活・趣味
GOTRIP!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy