ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

余り物を活用する「ケーキのはしっこ弁当」がじわじわブーム

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本最大の有料オンラインサロン「ちゅうもえサロン」を運営する、ブロガーで作家のはあちゅうさんが、ネットで話題のトピックを紹介します。今回は「ケーキのはしっこ」のお話。

 * * *

 ケーキを製造する過程でどうしても出てしまう切れ端を、お弁当用のケースに敷き詰め、上に生クリームとフルーツをのせた「ケーキのはしっこ弁当」がネットでじわじわと話題になっています。

「はしっこ弁当」というキーワードで検索すると、いろいろなお店の「はしっこ弁当」が見られますが、これがとってもバラエティー豊か。生クリームをご飯に、イチゴを梅干しに見立てて、幕の内弁当風にデコレーションしたものもあれば、一見、ショートケーキ風を装いつつ、中身のスポンジフルーツは食べる場所ごとに違うという変化をつけたものも。

 消費者にとってはいろいろな味がお得に食べられて嬉しいですし、お店側にとっても、売れない部分を再利用できて一石二鳥。おまけに見た目もかわいくて、子供はもちろん、大人受けもよく、思わずSNSに投稿したくなってしまいます。

 ネットでは「わけあり商品」などがよく話題になるけれど、見せ方を変えれば、今まで捨てていた部分もヒット商品になるという好事例かもしれません。たくさんの種類のケーキをちょっとずつ味見するというのは、女性なら誰でも好きですし、これなら、「ハレの日」だけの存在だったケーキも、お茶の間に登場する回数が増えるかも!? このブーム、さらに広まってほしいですね。

※女性セブン2014年9月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
いつでも温かいお弁当が食べられるUSB保温ポーチ
ビスケット、牛乳、生クリーム他で10分でできる即席ケーキ
“タニタレシピ”とレコーディング法でブロガーが9kg減量

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP