ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

義父の目の前で授乳や着替えをする嫁 どちらが配慮すべきか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 AVの設定で時々あるのが「息子の嫁との不適切な関係をしてしまう父」だが、こうしたシチュエーションは多くの高齢男性をやきもきさせることだろう。こうした嫁との思わず赤面するひと夏の体験。あなたにもこんな経験あるのでは?

「息子夫婦と家内が一緒に買い物に出ていたときのこと。急に雨が降り出したので、洗濯物を取り込もうとした。でも、嫁の下着に触れる時には躊躇しましたね。

 女房のパンツなら平気だけど、嫁のは見たこともないような黒や赤の小さな下着。結局、自分のパンツを軍手のように使い、直接触らないようにして取り込みました」(62歳元公務員/嫁33歳)

「私の趣味は庭仕事だが、息子夫婦の帰省中はどうも庭に出づらい。私のパンツと一緒に嫁のパンツやブラジャーが干してあるのが気になってしまう。下着に目をやった瞬間を嫁に見られたら困るし」(74歳無職/嫁42歳)

 同じ「布」でも、どうやら嫁の下着は、いつも見慣れている妻のものとは違って見えるようだ。最近の義父と嫁の距離感について東京・家族ラボ主宰の池内ひろ美さんはこう話す。

「今の嫁はよくいえば伸び伸び、悪くいえば無神経なので、ギャップに苦労している義父はたくさんいるようです。

 目の前で着替えもするし、授乳もする。それに対して『隣の部屋でしてくれ』『こんなところではしたない』とたしなめるのはもってのほか。孫と毎年会いたいなら、『気配を察してお義父さんが出ていってください』と私はアドバイスしています。

 嫁の機嫌を損ねると実家に寄りつかなくなり、孫に会えなくなりますから」

※週刊ポスト2014年9月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
息子の嫁の黄色い下着に困惑した男性 飲み物を取りに立った
23才新妻 風呂に入ると舅が脱衣所へ石鹸探しに来ると告白
義娘のワキチラを思わず凝視の62歳男性「自分を恥じました」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。