ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

池井戸潤の半沢シリーズ 最新作は破綻寸前の航空会社が舞台

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『銀翼のイカロス』池井戸潤/ダイヤモンド社/1500円+税

 東京中央銀行・営業第二部次長の半沢直樹は、破綻寸前の帝国航空を任される。政府は再生タスクフォースを結成し、500億円の債権放棄を迫ってきた。国交大臣の白井を筆頭とする政界からの集中砲火の矢面に立つ半沢。

〈たとえ相手が政治家だろうと、関係ない。この際、きっちり片を付けてやる。――やられたら、倍返しだ〉。帝国航空を巡る過去のスキャンダルも明らかになる中、絶対不利に追い込まれた半沢は? シリーズ最新作。

※週刊ポスト2014年9月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
民族衣装を着てCAと記念写真を撮れる格安航空が韓国に登場
沖縄・那覇のCA行きつけ天然石店 ブレス作った人は幸せに
中国製小型航空機で事故多発 中国人「国産怖くて乗れない」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP