ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

彼にうまく甘えられない? 甘えベタを克服するためのタイプ別対処法

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「彼の前で素直に甘えられない」「恋人なのにいつも遠慮してしまう」…。そんな甘えベタな自分に自己嫌悪を抱く女性も多くいるのでは? 実際、私も甘えるのが苦手な方なので、その気持ちはよくわかります。
ただ、甘えベタ女子にもいくつかのタイプがあるのです。そこで今回は、そのタイプ別に甘えベタを克服する方法をご紹介します。

彼に嫌われたくない人は「小さな甘え」から

心のどこかで、彼に嫌われたくないと強く思っている女性は、甘え=わがままとして考えているのではないでしょうか?
しかし、彼女から甘えてこられることを迷惑だと感じる男性はいません。このタイプの女性は、小さなことを甘えてみることからはじめましょう。
「もう少しだけ電話してもいい?」「あと少し一緒にいたいな」など、他人からすればそれって甘えでもわがままでもないじゃん? と思うくらい小さなことでいいのです。まずは、甘える行為に慣れることが大切なのです。

弱みを見せたくない人は「相手の好意」を断らない

彼だけでなく、人に弱みを見せたくないと思っている女性は、自分に対して少し厳しすぎる部分を持っている傾向があります。
このタイプの女性は、自分から甘えるのは弱い部分を見せることだと思いがち。それなら、相手の好意を受け入れることからはじめてみましょう。
彼が「家まで送ってあげるよ」と言ってきたら、「まだ明るい時間だから大丈夫」と断らず、素直に「じゃあ、お願いしようかな」とその好意を受け入れることで、甘えへの抵抗感を徐々に無くしていきましょう。

育った環境が影響している人は「自分を甘やかす」ことから

両親に甘える機会がなかったり、兄弟の一番上で育った女性は、甘えたくても甘えかたがわからないという場合が多いのです。まずは、誰かに甘えるのではなく、自分を甘やかすことからはじめましょう。
何かを達成したとき、「もっとできたはず」「まだまだ頑張らないと」と、自分に厳しくするのではなく、「自分なりに精一杯やった」「ここまでよく頑張った」と、自分を褒めて甘やかしてあげてみてください。そうすることで、自然と甘え方がわかってくるはず。
彼にうまく甘えられないことは、お互いのコミュニケーション不足にも繋がってしまいます。そうならないためにも、たまには彼を頼って甘えてみてくださいね。
Cute little gir image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
嘘つき彼との最後のディナー。彼を徹底的にうちのめすフレーズ
いい男ばかりとつきあえる「容姿は普通」な女子の魅力って?
「はじめまして」で彼をその気にさせる3つのステップ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。