体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

永遠に続く? 「元町梅林」のすごい量とウワサのコース料理と巨大おにぎりを実食!

永遠に続く? 「元町梅林」のすごい量とウワサのコース料理と巨大おにぎりを実食!

横浜のココがキニナル!

以前、元町梅林に行ったのですが、量が多かった!生もの以外はお土産に持たせて貰えますが、今でもあれだけの量が出るの?また最後に出る大きなおにぎりも健在でしょうか?(rincoさんのキニナル)

はまれぽ調査結果
元町梅林はおいしいものをお腹いっぱい食べてほしいという先代女将の想いからコースは20品前後の品を出している!巨大なバクダンおにぎりも健在!

おいしい上に“とにかくコースの量がハンパない”とウワサの「元町 梅林(ばいりん)」。さらに店の名物で巨大なおにぎりがあるらしい! (ちょっぴり?)食いしん坊な松宮。これはキニナル! 店に取材を申し込むと、突然にもかかわらず受けてくれるとのこと。

「元町 梅林」では一体どんな料理が出て来るのか? いざ、突撃!

おばあちゃんの愛情たっぷり! 「元町 梅林」の歴史

永遠に続く? 「元町梅林」のすごい量とウワサのコース料理と巨大おにぎりを実食!

JR石川町駅徒歩8分、元町商店街を抜けた閑静な地に店を構える「元町 梅林」

永遠に続く? 「元町梅林」のすごい量とウワサのコース料理と巨大おにぎりを実食!

落ち着いた佇まいの店内へ

同店の歴史について若女将・小川和貴(かずき)さんにお話を伺う。「元町 梅林」は1972(昭和47)年に和貴さんの祖母の故・平川禮子(ひろこ)さん、両親が創業した。なお、和貴さんのお母さんは現在元町で「健食優菜(けんしょくゆうさい) ひら」という女性に大人気の店を営んでいるという、“料理一家”なのだ!

永遠に続く? 「元町梅林」のすごい量とウワサのコース料理と巨大おにぎりを実食!

おっとりとした口調が上品さを感じさせる和貴さん(右)

「元町 梅林」はもともと定食屋としてスタート。しかし、「いい素材が入ったから」と常連客にふるまううち、今から「20年ほど前からコース料理を提供するようになった」とのこと。

店内には座敷と個室を完備。2階には大広間がある。

永遠に続く? 「元町梅林」のすごい量とウワサのコース料理と巨大おにぎりを実食!

50名まで利用できる大広間を完備しているので、宴会にもよく利用されるそうだ

永遠に続く? 「元町梅林」のすごい量とウワサのコース料理と巨大おにぎりを実食!

4名から利用できる個室は“室料無料”と太っ腹!

禮子さんは静岡県出身。7歳の時に横浜へ。横浜共立学園を卒業後、実家の吉田町で営む日本料理店「梅林」を手伝いながら、料理研究家に師事し、腕を磨いた。ちなみに同店は1942(昭和17)年創業の老舗。現在も営業している。

1 2 3 4 5 6 7次のページ
はまれぽ.comの記事一覧をみる

記者:

『はまれぽ.com』は横浜のキニナル情報が見つかるwebマガジンです。 毎日更新の新着記事ではユーザーさんから投稿されたキニナル疑問を解決。 はまれぽが体を張って徹底調査、ディープでマニアックな横浜のネタを配信しています。

ウェブサイト: http://hamarepo.com/

TwitterID: hamarepo

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。