ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NHK 第2の『セカンドバージン』狙い広末のラブシーンを用意

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 三十路も半ばにさしかかった広末涼子(34)が、初めての悪女役で新境地を切り拓いた。主演するNHKの新ドラマ『聖女』(火曜22時~、全7話)で、8月19日放送の初回からラブシーンを披露したのだ。

 物語はこうだ。高校生の中村晴樹(永山絢斗)は家庭教師の緒沢まりあ(広末)に心惹かれるが、まりあは「大学に合格したら、私を恋人にしてね」と告げ、突然姿を消してしまう。

 それから10年後、弁護士になった晴樹の事務所に、世間を騒がす連続詐欺・殺人事件の容疑者から弁護の依頼が舞い込む。彼女は晴樹の初恋の人、まりあだった──。

 肝心のラブシーンの舞台は、まりあが勉強を教える晴樹の部屋のベッドだ。

 体位は晴樹が上、まりあが下の「正常位」。2人は互いの手を握りしめながら、熱い口づけを何度も交わす。時折漏れるクチュッという音がなんともいやらしい。

 男の腕に抱かれてうっとりした表情を見ると、「広末も普段はこんな顔して抱かれているのか」とつい想像してしまう。キャミソール姿なのが残念だが、鎖骨や胸元の艶やかな肌は十分に堪能できた。

 ドラマウォッチャーの北川昌弘氏も興奮を隠さない。

「初回からベッドシーンが登場して驚きました。24歳のまりあを演じる広末を見て、デビュー時の初々しさを思い出しました。それとは対照的に、34歳の容疑者を演じる姿も、アイドルから女優への成長を感じさせる存在感でした」

 NHKの火曜22時枠「ドラマ10」はアラフォー女性がターゲット。これまでも年下男との不倫を描いた『セカンドバージン』(2010年)での鈴木京香の濡れ場が話題を集めた。

 広末はアカデミー賞外国語映画賞を受賞した『おくりびと』(2008年)で演技力が評価されるもその後の話題作は少なく、17年ぶりの主演作となった昨年の『スターマン・この星の恋』は平均視聴率8.5%とふるわなかった。今年2月には若手俳優との不倫スキャンダルが報じられた。

「このドラマにかける広末さんの意気込みは強い。制作サイドは『第2のセカンドバージン』を狙って2回目以降も注目のラブシーンを用意しているそうです」(NHK関係者)

※週刊ポスト2014年9月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
春ドラマ 裸シーン多く「いつ脱ぐの?今でしょの流れ」と識者
TVドラマ自主規制 強盗逃走場面でシートベルトやヘルメット
ハードボイルドの名作『大いなる眠り』村上春樹の新訳で登場

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。