ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

地震発生時に「おっぱい」のワードが多数ツイートされたわけとは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近では地震などが発生すると、すぐさまその状況についてツイートする人々も少なくないが、そうしたなか、先頃起きた地震の際に、ある単語が通常の5倍もツイートされたとして、話題となっている。

このユーザーによると、地震発生直後にものスゴい勢いでツイートされたのは、なぜか「おっぱい」というキーワード。「地震でおっぱい揺れた!!!!!」「今の地震でおっぱい揺れた方連絡お待ちしております」「で、でたーWWW大して胸もないくせに地震が来たら『おっぱい揺れた』とか言う奴~WWWW」など、数多くのユーザーが「地震発生」と「おっぱい」を結びつけたツイートを行っていることが明らかとなった。

こうした一連の「おっぱい」ツイートに対し、ネット上では、

「日本やべぇ…」

「これは世も末だな…」

「震災からまだ3年しか経っていないというのに…」

「結局、バカにつける薬はないということ」

「相変わらずの変態っぷり」

「次の瞬間に死ぬかもわからんのにな…」

…と、その危機感のなさに対し、さすがに呆れたといった内容のコメントが多数。やはり、災害発生時には、実況ツイートなどではなく、まずは自らの安全を確保し、適切な対応を行うことを心がけたい。

文・今岡憲広

■参照リンク

参照元ツイート

https://twitter.com/fta7/status/503461282775695361/photo/1 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP