ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

競売に出されたある家の室内写真がヤバすぎると話題 「怖すぎる」「これあかんやつ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫
競売に出されたある家の室内写真がヤバすぎると話題 「怖すぎる」「これあかんやつ」

以前に比べて購入しやすくなったことから、最近では一般の主婦や会社員などの中にも、その愛好者を増やしている不動産の競売物件。しかし、そうしたブームのなか、あまりに強烈なインパクトを持つ物件が登場し、ネット上で注目を集めている。

京都市の閑静な住宅街に建つこの戸建て、面積139平米で売却基準価額が329万円からと、一見したところ、なかなかの良物件に思える。しかし、資料として公開されている室内画像をチェックすると、部屋中の至るところに「日韓断交」「住宅金融公庫は即刻廃業せよ!」などと書いた貼り紙が。

「これあかんやつやwww」

「壁に貼りまくってる謎の文言はなんや・・・」

「テレビのホラー番組はこういうところに取材に行けや」

「築19年しか経ってない割りに随分くたびれてるな」

「こんなん絶対に呪われるわ、アカン」

「利害関係者がアカン感じだからリアルに実害あるで 」

「買っても活用出来ないやないか」

「くっそ怖いわ」

…と、このあまりに奇異な物件の様子に、画像を見たユーザーたちも、さすがにドン引き気味の様子だ。

そもそも、競売不動産は極めてそのリスクが高いことで知られる商品。この物件がどうなのかは定かではないが、後から「こんなハズじゃなかった」とならないよう、安易に飛びつくことだけは、避けておいたほうが賢明と言えそうだ。

文・久保田太陽

■参照リンク

参照元ページ

http://981.jp/r437400.html 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。