ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“知”を体験できる大人の新お出かけスポット!神楽坂「la kagu」オープン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

高級料亭やフレンチレストラン、バーなどが軒を連ね、“大人の街”として知られる神楽坂。

そんな神楽坂に、ファッションやライフスタイルにこだわりをもつ大人のための商業施設として、以前もご紹介した「la kagu(ラカグ)」が、いよいよ10月10日にオープン決定!

・新潮社の倉庫をリノベーション!

「la kagu」は、昭和40年に建てられた新潮社の旧倉庫をそのまま活かした空間で、総面積はなんと962.45平方メートル。外観の設計デザインは、世界的建築家の隈研吾が担当。

“昔からあるもの”や“これからも大切にしたいもの”に価値を見出すという意味を込めた“REVALUE” をコンセプトに、「衣食住 + 知」のライフスタイルを提案していく。

・ファッションから生活雑貨、レクチャースペースまで

店舗は、1階がウィメンズファッション/生活雑貨/カフェ、2階はメンズファッション/ブックスペース/家具/レクチャースペースとなっており、ハイブランドからベーシックなブランドまで“本当に良いもの”をセレクトしている。

中でも注目してほしいのが、レクチャースペース 「soko(ソーコ)」とブックスペース「〈10×10〉( テン バイテン)」。

「soko」は、「知」を体験できる場所として、新潮社とパートナーシップのもと作家のトークショーなど本にまつわるイベントを中心に、ワークショップ、や落語の口演などを開催。10月には、角田光代やよしもとばななのトークイベントが決定している。

〈10×10〉では、小説家や翻訳家、神楽坂で働く人々など、「la kagu」にまつわる10名の選者が 10タイトルずつ選書した本を、専用のブックシェルフに収納して展示・販売する本棚で、どちらも新しい文化発信地としての役割が期待されている。

・コーヒーや食のエキスパートが集結したこだわりカフェ

また、カフェはフードキュレーターに鎌倉の人気店「LONGTRACK FOODS」の馬詰佳香氏、オペレーションにシャルキュトリー専門店の「コダマ」を迎え、“MEAT & BREAD” をコンセプトに展開。

コーヒーは、鎌倉の名店「カフェ・ヴィヴモンディモンシュ」の堀内隆志氏が「la kagu」のために焙煎するなど、並々ならぬこだわりを感じさせる。

ここでしか開かれない“知”のイベントに参加し、お買い物の後はカフェでおしゃべりを楽しむ…。

そんな大人の優雅な1日を過ごせそうな「la kagu」は、神楽坂の新名所として人気を博しそうだ。

la kagu

所在地 162-0805 東京都新宿区矢来町67番地

東京メトロ 東西線 神楽坂駅2 番出口 徒歩 1 分

都営地下鉄 大江戸線 牛込神楽坂駅 A1 出口 徒歩 7 分

JR 総武線 飯田橋駅徒歩 12分

ウェブサイト:http://www.lakagu.com/

The post “知”を体験できる大人の新お出かけスポット!神楽坂「la kagu」オープン appeared first on ISUTA(イスタ)オシャレを発信するニュースサイト.

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP