体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

9/1付ビルボードジャパンチャートおよび8/18〜8/24 RADIO ON AIR DATA発表

9/1付ビルボードジャパンチャートおよび8/18〜8/24 RADIO ON AIR DATA発表

音楽サイト「Billboard-Japan.com(http://www.billboard-japan.com)」を運営する阪神コンテンツリンクおよびプランテックは、プランテック提供による9月1日付ビルボードジャパンチャート Hot 100、Hot Animation、国内洋楽(集計期間:2014年8月18日〜8月24日)および2014年8月18日〜8月24日のRADIO ON AIR DATAを発表した。

藍井エイル「IGNITE」で初の総合首位、ゴールデンボンバー総合2位

TVアニメ「ソードアート・オンラインⅡ」OPテーマ、藍井エイル「IGNITE」がダウンロードで秦基博と西野カナを押さえ1位となり、シングル・セールスでも4位と健闘、総合Billboard JAPAN HOT100首位を初めて獲得した。楽曲のみで勝負をかけて話題を呼んだゴールデンボンバーの1コインシングル「ローラの傷だらけ」は、セールスで1位、ルックアップで5位、ツイートで3位と、これらの指標では藍井エイルを上回ったものの、ダウンロードが解禁されなかったため、総合2位に留まった。

「ソードアート・オンラインⅡ」EDテーマである春奈るな「Startear」は、セールスで11位、ダウンロード4位、総合9位と、こちらも健闘、「ソードアート・オンラインⅡ」関連曲が2曲同時に10位以内にランクインした。両曲ともにセールスはもちろん、ダウンロード・ポイントが総合順位を押し上げた結果となっている。

9月3日にアルバム発売を控えるSMAP「Mr.S-SAITEI DE SAIKOU NO OTOKO-」がツイートでEXILE TRIBEを押さえて1位となり、総合では11位に初登場、相変わらずの強さを見せている。またエアプレイで1位となったのは9月10日にシングル発売となるサザンオールスターズ「東京VICTORY」。エアプレイで強さを発揮するサザンは今作も変わらず、リリース前のメディア大量露出により今週総合14位からより順位を伸ばしていくことは確実だ。

藍井エイルが「SAO」OP曲でアニメチャート初制覇、春奈るなのED曲は3位に

今週のBillboard JAPAN Hot AnimationはMXTV他で放送中の「ソードアート・オンラインll」主題歌、藍井エイル「IGNITE」が初登場首位の座に輝いた。

「ソードアート・オンラインll」は川原礫による小説を原作にアニメ化したもので、アスキー・メディアワークス創立20周年記念作品の第2弾として、2012年7月から12月まで第1シーズンが放送。そして、今年の7月より第2シーズンが放送中。藍井エイルは、第1シーズンからエンディングテーマを担当し、「INNOCENCE」は最高3位と記録。そして、オープニングテーマとなった「IGNITE」は8月20日にリリースされ、パッケージはもちろんデジタルでも圧倒的なポイントを稼ぎ、自身初の首位獲得となった。

また、3位にも春奈るなによるエンディングテーマ「Startear」が初登場。原作はもちろん、アニメ、ゲームと様々ななメディアミックス展開でファンを獲得しており、作品として強い人気を誇っていることが分かる。

そして、同じく人気作の第2シーズンとして放送中の「Free!-Eternal Summer-」からキャラクターソングシリーズが続々チャートイン。4位には橘真琴(鈴木達央)「流線の行方」、5位には七瀬遙(島崎信長)「Deep Moment」と8月20日リリース作が好結果を残した。9月3日には松岡 凛(宮野真守)、葉月渚(代永 翼)、竜ヶ崎 怜(平川大輔)のリリースが控える。

テイラー・スウィフト新曲が国内洋楽チャートNo.1獲得、MVは早くも4000万回再生を突破

ニューアルバムのリリース発表と同時に先行シングルとして解禁されたテイラー・スウィフトの「シェイク・イット・オフ」が、初登場にして堂々のNo.1に輝いた今週の国内洋楽チャート。

日本でも大ヒットを記録した「私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない」の制作陣がプロデュースを手掛けた「シェイク・イット・オフ」は、発表後すぐにiTunesでの配信開始となり、28の国と地域でNo.1を獲得。また、同曲のミュージックビデオも解禁されるやいなや世界中のSNSユーザーによってあっという間に拡散され、VEVOでの公開から10日足らずで早くも4000万を超える再生回数を記録している。10月に発売予定のニューアルバムのタイトルはテイラーの生まれ年である『1989』に決定、自身いわく「初の公式ポップ・アルバム」になるそうだ。

1 2 3 4次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。