ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

トリンドル玲奈と松崎しげるがデュエット!?ココココ…連発のCMソングPVが公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

8月27日から、トリンドル玲奈出演の新CM「ダイハツ『ミラココア』」の放送がスタートする。トリちゃんが可愛らしく歌う曲「愛のココかわ」も流れるこのCM。放送に先立つ26日、CM、そして「ミラココア」の発表会が行われ、彼女自らCM撮影の裏側を明かしてくれた。

今回発売されたダイハツ「ミラココア」は、外装・インテリアの組み合わせによって最大160通りのデザインが可能な軽自動車。それを意識してか、CMでも「ミラココア」に乗って買い物に出かけたり、メガネをかけたOL風(?)のトリちゃんが映しだされたり、と多彩な彼女の姿が現れる。

実際、和気あいあいと撮影が進められる現場だったといい、「いろいろなお洋服やヘアメイクを変えながら撮影しました。現場が楽しかったので、あっという間に終わっちゃった」とコメント。また、CMの中ではドーナツの穴から瞳をのぞかせ頬張るシーンもあるが、その可愛い姿にスタッフもキュンとしてしまったそうだ。

そして、彼女自ら歌うCMソング「愛のココかわ」にも、注目したいところ。CMでは、「♪アナタのココかわどこですか? ココ、ココ、ココ、ココ……」という部分のみ流れるが、実は、レコーディングはフルバージョンで収録されたという。

「ココ、ココ……というフレーズが続くので、『どこで息継ぎしようかな』と考えながら練習、レコーディングしました。(”ココかわ”って、使いやすいワードなので)みんなに使ってほしい」と、「ココア」「かわいい」から造られた言葉「ココかわ」をアピールした。

また、レコーディングにはシンガー・松崎しげるも参加。白く透き通るような肌のトリンドルと、おそらく芸能界ナンバーワンの色黒を誇る松崎とは、なんとも正反対のキャスティング。しかし、彼の歌声が入ることでラブソングらしさとコミカルさが加わったといい、トリンドルも「松崎さんが大好きになっちゃいました」とレコーディング後の感想を語った。

【動画】http://youtu.be/hXiw1TSbZWg

この後、お笑いトリオのパンサーが登場し、菅良太郎と尾形貴弘の2人がコーディネートしたミラココアをプレゼンするという企画も。トリちゃんが「ココかわ」と思ったクルマに選ばれると一緒に「ミラココア」に乗れるという権利がかけられたことから、かなり「本気」の対決がスタートした。

まず、菅がコーディネートしたのは「富士山コーデ」という、車体の下部分が水色、上部分が白という富士山をあしらったカラーリングのクルマ。「これに乗って富士山デートしたい」と菅がボケなしでプレゼンすると、トリちゃんも「楽しそう!」と好感触。

「じゃあ、菅さんの勝利!」と対決を終わらせようとする進行役の向井慧。そこで、「まだまだまだまだ!」と自分はプレゼンしていないとアピールする尾形がコーディネートしたのは、彼の出身地である宮城名物をあしらった「ずんだもちコーデ」。外装もインテリアも食べ物を意識したデザインだが、「お餅とか(ずんだもちの原料である)枝豆とか、好きなものばかり」と、こちらにも高い評価が下された。

そして、トリちゃんに選ばれたのは……。

菅がコーディネートした「富士山コーデ」! この後、2人でクルマに乗り込み、写真撮影が行われたが、デレデレする菅に向井が「練馬(菅の出身地)のヤンキーみたいだぞ」とのツッコミが入る一幕も。

8月27日から放送される「ミラココア」のCM。スペシャルサイトではCMソング「愛のココかわ」のフルバージョンPVも視聴できるので、要チェックだ。

■参照リンク

ココかわスペシャルサイト

http://www.daihatsu.co.jp/cocokawa/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP