ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2万円かけて作った少年の課題工作に「テーマが渋すぎw」「なんという才能の無駄遣い」

DATE:
  • ガジェット通信を≫
2万円かけて作った少年の課題工作に「テーマが渋すぎw」「なんという才能の無駄遣い」

毎年、この時期になってくると、全国の子供たちが、夏休みの自由課題で思い思いの工作に勤しんでいるが、そうしたなか、実に個性的な作品を制作した弟を持つユーザーの投稿が話題となっている。

この少年が制作したのは、映画館で上映前に放送される『NO MORE 映画泥棒』の啓蒙映像でおなじみのキャラクター。その完成度はもとより、件の映像を彷彿とさせるその絶妙なポージングに、ネット上では称賛の声があがっている。

「おもっくそガチですやんwww」

「将来有望な弟さんを持って兄君も幸せだな」

「なんという才能の無駄遣いwww」

「テーマのチョイスがシブすぎるwww」

「映画泥棒なのに背景が台所というのがまたwwww」

なお、この画像を投稿したユーザーによると、制作にかかった費用はなんと2万円。コスプレ衣装として見れば妥当ながらも、工作の課題費用としてはかなりの額だけに、この作品に注いだ情熱は相当なもののようだ。

文・久保田太陽

■参照リンク

参照元ツイート

https://pic.twitter.com/1N0nIt2WUr 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。