ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ポケモンアクションバトルゲーム『ポッ拳』、アーケード用として2015年に稼働

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 株式会社バンダイナムコゲームス(以下、バンナム)と、株式会社ポケモンは共同で、ポケモンアクションバトルゲーム『ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT』を、アーケード用ビデオゲームとして、2015年稼働を目指し開発していると8月27日発表した。

【関連:Googleマップでポケモンゲットだぜ!ってしようと思ったけど見つからない?】

 本プロジェクトでは、『ポケットモンスター』の可能性をさらに広げていきたいという思いと、バンナムの『鉄拳』・『ソウルキャリバー』シリーズで培われた3Dアクションゲームの知見を共鳴させ、「誰も見たことのない『ポケットモンスター』のゲームを世に送り出す」ことを目的として実現化したという。

 バンナムの原田勝弘氏(『鉄拳』プロデューサー)は、『鉄拳』で培ったキャラクターとプレイヤーの一体感や、技を当てたときの壮快さなど、「『鉄拳イズム』ともいうべきノウハウが、本作のポケモンアクションにも生かされています。」とし、「『対戦格闘』というよりは『対戦アクション』ゲームとして、アクションゲーム・対戦ゲームの原点に立ち返り、『幅広い層に遊んでもらえるゲーム』として開発している」とコメントしている。

 同じくバンナムの星野正昭氏(『ソウルキャリバー』プロデューサー)は、「グラフィックには特に力を入れていて、『実際の世界にポケモンがいたらどんな感じだろうか?』ということを突き詰めて考え、ポケモンの毛や筋肉、そしてポケモン達が暮らす世界の風景まで」想像を膨らませ制作しているとコメントしている。



(C)Pokémon.

(C)Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.

(C)BANDAI NAMCO Games Inc.

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP