ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

最近のハリウッド映画の中国人はなぜ「いい人」ばかりなのか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年のアカデミー賞で7部門を受賞し世界的大ヒットとなった『ゼロ・グラビティ』では中国の宇宙船が大活躍。リメイクされた『ロボコップ』のロボは中国製。近年のハリウッド映画に“中国礼賛”が目立つのはなぜか。在ロサンゼルスのジャーナリスト、高濱賛氏が報告する。

 * * *

 最近、ハリウッド映画で中国の存在感が際立っている。その大半は中国の歴史や文化、経済や産業の発展ぶりをストーリーの背景にあえて使う、好意的なものだ。登場する中国人も、かつて多かった「カンフーを駆使する悪役」のイメージとはほど遠い。

 代表的なのが、2013年4月に公開された、ロバート・ダウニーJr.主演の人気アクションシリーズ『アイアンマン3』。

 同作はわざわざ米国・国際版と中国版の2つのバージョンが制作された。中国版では北京市街が映し出され、中国の書画や漢方医術、中国製の携帯電話など「メイド・イン・チャイナ」の小道具がうるさいほど出てくる。

 中国人女優の范冰冰が出演し、国際版では端役の中国人医師「ドクター・ウー」の出演場面が増加している。その役どころは、世界の科学者がなしえなかった主人公のピンチを救うというもの。さらに、国際版に登場する悪役も、原作の中国人から国籍不明のテロリストに変更されるなどしている。

 中国に配慮した「脚本の書き換え」「原作とは異なる筋書き」などは朝飯前だ。2013年に公開されたブラッド・ピット主演の『ワールド・ウォーZ』は、人類を滅亡させるウイルスが原作では中国で発生したのに、これを変更するなど脚本段階から“自主的”に修正した。

 露骨な中国びいきの裏には、中国が出すカネと映画の売り先としての「市場」がある。

 スティーブン・スピルバーグ製作総指揮、マイケル・ベイ監督による大ヒットシリーズの最新作『トランスフォーマー/ロストエイジ』(2014年8月日本公開)。

 この作品で配給会社のパラマウントは中国国営テレビ局CCTVの映画専門チャンネル「中国電影頻道」と提携し、中国国内での撮影、キャスティング、編集、宣伝などを行なっている。中国企業からも支援を受けており、事実上の「米中合作」だ。

 撮影は北京をはじめ西安などで行なわれ、背景に市内の公園や中国風建築をふんだんに取り入れている上、中国人俳優を起用するなど、「人件費の安い中国で撮影することで制作コストを下げ、制作費の一部を中国から出させる。おまけに完成した映画を巨大中国市場で売りまくる新たなハリウッド商法」(米大手紙映画担当記者)だ。

 中国の映画鑑賞人口は近年、ついに日本を抜いてアメリカに次ぐ世界2位となった。ハリウッド業界の財務管理などを独占する会計事務所アーンスト&ヤングの予測では、2020年までに中国はアメリカを超えると言われている。

『トランスフォーマー/ロストエイジ』の興行収入はアメリカの1億7500万ドルに対して中国は2億2300万ドル(公開後11日の時点)。すでにアメリカを上回っている。ハリウッドにとり中国は制作コストでも興行収入面でもMVP(モスト・バリアブル・プレーヤー)なのである。

※SAPIO2014年9月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
中国・青島に総工費8170億円で「中国版ハリウッド」を建設へ
ハリウッド進出の赤西仁 日本語より英語が先に出てくる
中国次期最高指導者・習近平氏 ハリウッドの戦争映画が好み

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP