ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ダイハツ「ミラ ココア」160通りコーデ 新CMにトリンドル

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ダイハツ工業は8月26日、軽自動車「ミラ ココア」をマイナーチェンジして発売。合わせて27日よりタレントのトリンドル玲奈を起用したTV CMおよびWEB限定ムービーをオンエアするにあたり、都内でダイハツ『新「ミラココア」報道発表会』が行なわれた。

 今回のマイナーチェンジでは、性能向上だけでなく、外装・インテリアの組み合わせが軽自動車最多となる最大160通り可能になったほか、各地域限定特別仕様車として、全国各地のダイハツ販売会社の女性社員お勧めのオリジナルコーディネートも企画。11エリア、21パターンで展開し、「選べる楽しさ」を提供する。

■「ココかわ」プロジェクト

 ダイハツでは、商品としての“ココが可愛い”“ココアは可愛い”、各地域で“ココ(此処)で可愛い”という思いをこめた「ココかわ」プロジェクトを発足。同社女性社員や各地域販売店の女性スタッフが参加し、各地域のクルマの使用実態やユーザーの特徴などに合わせた、各地域限定の特別仕様車を企画した。

 発表会では、プロジェクトリーダーの山尾有佳さんら、各地域販売店の女性スタッフが駆けつけ、“ご当地ココア”の魅力をアピール。例えば「北海道コーデ」では、初音ミクの派生キャラクター「雪ミク」とコラボしたモデルで、雪をイメージしたパールホワイトと水色のボディ。あちこちに雪の結晶や「雪ミク」のシルエットのエンブレムがついているなどといったように、それぞれの地域でこだわったポイントを紹介した。

 また、スペシャルゲストとしてトリンドル玲奈に加え、お笑いトリオ・パンサーの3人が登場。トリンドルに「こんな車はどう?」っていう“ココかわプレゼン”を行ない、勝者はトリンドルとドライブ2ショットを撮影できるという企画では、菅は上半分が白く、ボディが水色の「富士山コーデ」を提案し、見事勝者に。いそいそと運転手席に乗り込み、助手席のトリンドルと2人きりの空間にデレデレ……と思いきや、「ずんだもちコーデ」を提案して敗者となった尾形がコッソリ後部座席に乗り込み、「広い!」などと声をあげて2人の邪魔をしては、菅に追い払われるという一幕も……。

 TV CMでは、トリンドル玲奈が、オリジナル曲「愛のココかわ」を歌いながら、可愛らしく元気に「ミラ ココア」の「ココかわ」ポイントを紹介。トリンドルは、CM撮影について聞かれると「いろいろなお洋服を着たり、ヘアメイクも変えたり、いろんなポーズをしたりと、楽しみながらできました」と振り返り、ここでも“選ぶ楽しさ”が表現されているようだ。

  ちなみに、CMではトリンドルの声に合わせ、“ココア”色がイメージカラー(!?)の歌手・松崎しげるも参加している。CMでは「ココ!」という合いの手だけだが、WEBではフルバージョンのPVが公開されており、2人のデュエットを聴くことができる。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
トリンドルCMで注目の鳥取はわい温泉 観光客前年比4割増
トリンドル玲奈 「長い目でみればローラより化ける」と専門家
不景気の中で確実に成長している全国11の地域を分析した本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP