体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あの『薄桜鬼』が進出した「絵ノベル」って何? :開発者インタビュー

 『薄桜鬼』というゲーム作品をご存知だろうか? 「おたくま」をお読みの女性ファンのみならず、アニメ・漫画などのメディアミックス作品に触れたことがある人も多いだろう。幕末を舞台に、見目麗しい新選組隊士らとの恋愛模様と、「鬼」と呼ばれる一族の存在が物語を盛り上げる、魅力あふれる作品となっている。

【関連:タイトル詐欺の鑑だ!『魔法少女・オブ・ジ・エンド』第01巻(だけ)レビュー】

 『薄桜鬼』は、アイディアファクトリー株式会社の乙女ゲームブランド「オトメイト」より発売されている作品の一つだ。好評により数々の続編を重ね、テレビアニメの放映や劇場版の公開、舞台やミュージカルなどなど幅広く展開され、今も多くのファンを生み出している。

 この『薄桜鬼』をはじめ、女性向けコンテンツで確固たる地位を築いている「オトメイト」が、「絵ノベル」という新分野に進出したという。今回は、こちら「絵ノベル」を提供する電子書店・パピレスの関係者に話を聞いた。

薄桜鬼

■「得意分野=女性向けコンテンツ」で勝負

 主に小説、実用書、コミック、雑誌など電子書籍を販売・配信しているパピレスだが、紙に無いデジタルコンテンツならではの特徴を盛り込んだ次世代コンテンツにも注力しており、「絵ノベル」もその一つだ。

 「絵ノベル」は、小説やゲームをTwitterやLINEのように小分けにされた文章を縦のスクロールで読んでいくコンテンツ。セリフの横に登場人物のアイコンが添えられ、背景画像が表示されるなどビジュアル面も強化され、読書に親しみのないユーザーでも気軽に物語を楽しむことができる。

絵ノベル

(参加者:株式会社パピレス コンテンツ企画開発部 矢内丈博氏、畑正文氏、阿部佑一氏)

――「絵ノベル」の企画はいつごろスタートしたのでしょうか。

矢内丈博氏(以下、矢内氏):2013年4月ごろに企画が立ち上がり、本格的に動き始めたのが7~8月にかけてのことですね。同時期既に「コミックシアター」というサービスを行っていました。こちらは「次世代ブック」という企画から生まれたものですが、絵ノベルはこちらの第二弾という位置づけでした。

畑正文氏(以下、畑氏):コミックシアター以前にも、将棋や囲碁の棋譜を、盤面上で一手一手確認できる商品や、動的コンテンツをコミックに取り込んだ商品を販売しており、通常の紙書籍をデジタル化したものとは違う、デジタルならではの取り組みを長らく行ってきました。

――「絵ノベル」のターゲットはどういった層ですか。

矢内氏:普段あまり本を読まないお客様ですね。弊社の既存ユーザーでいえば「電子貸本Renta!」でコミックやライトノベルを購読頂いているお客様に、新たな楽しみを提供できないかと考えました。

――男性向け・女性向けといった視点でみた場合、「絵ノベル」には女性向け作品が多くなっています。これは、意図的なものですか。

畑氏:現在「電子貸本Renta!」では、コミックを中心に女性ユーザーによる購買が非常に伸びており、ユーザーの男女比でも女性の割合が多くなっています。言わば女性向けコンテンツが弊社の得意分野と言えるでしょう。そのため「絵ノベル」の開始時には新たなユーザーだけでなく、既存ユーザーにもアピールできる女性向けコンテンツを多くしました。

もちろん、男性向け作品の導入も検討しています。ゆくゆくラインナップに加えていきたいですね。

■「コミック並みにわかりやすく」操作性はシンプル

――「絵ノベル」は画面をスクロールして物語を読み進めるわけですが、このスクロールも含めて、操作まわりは快適なものに仕上がっていますね。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。