ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

布袋寅泰のニューアルバム「New Beginnings」にロックレジェンド IGGY POPが参加決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

10月1日リリースの布袋寅泰のニューアルバム「New Beginnings」にパンク、メタルロックミュージックの先駆者、イギー・ポップが参加していることが発表された。

イギー・ポップはアルバム収録曲「How the Cookie Crumbles」「Walking Through the Night」のヴォーカルに加え、作詞も行っている。

HOTEIからのオファーは、ザ・ローリング・ストーンズのプロデューサーで知られ、イギー・ポップの親友でもあるドン・ウォズを通じて届けられた。また、ベースメント・ジャックスとのコラボレーション(2005年「Oh My Gosh」)などの経歴をもつヴォーカリスト、ヴーラ・マリンガも「Texas Groove」に参加している。

レオ・エイブラハムズ、スティーヴ・リプソン、ユース、Noko 440という錚々たるプロデューサーに加え、イギー・ポップ、ヴーラ・マリンガというヴォーカリストを迎えたニューアルバム「New Beginnings」への期待が否応無しに高まる。

そして、このニューアルバムをいち早く試聴ができる「先行試聴会」が9月11日に実施されることが発表になった。このイベントには布袋寅泰も出演し、アルバムに込めた思いなどを語る。参加方法は布袋寅泰オフィシャルサイトを要チェックだ。

布袋寅泰コメント
BOØWYが解散し初めて作ったソロアルバム「ギタリズム」で僕は「世界へ」の夢に挑み破れた。そしてあれから25年…。
再びその夢にチャレンジする為にロンドンに渡り、この「New Beginnings(新たなる始まり)」を作った。
イギー・ポップが参加してくれた2曲をはじめ、4人の敏腕プロデューサーと共に創り上げたこのアルバムで僕は2度目のデビューを果たす。
もしもあなたが退屈な音楽に飽き飽きしているのなら、迷わずこのアルバムを聴いて欲しい。誰も聴いたことのないギター・ミュージックの未来がここにある。
自分が自分に退屈を感じたら、それはミュージシャンをやめる時。今こうして強い意思と自信をもって自らの音楽を世に問うことが誇らしく、最高に興奮している。
やっとスタート地点に立てた。ここからすべてが始まるのだ。前人未到のストーリーが僕を待っている、と確信している。
もちろん「ターゲットは世界」だ。夢は必ず叶える。絶対、あきらめない。
布袋寅泰

IGGY POPコメント
HOTEIの楽曲は、2曲とも作品の方向性が明確でロックンロールがそこにはしっかり存在していて、最高だった。この楽曲達に関われた事を本当に誇りに思っているよ。ありがとうHOTEI!

リリース情報

アルバム「New Beginnings」
2014年10月1日発売
TYCT-60046 3,000円+税
<収録曲>
1. Medusa
2. Walking Through the Night(Feat. Iggy Pop)
3. Kill or Kiss
4. New Chemical
5. How the Cookie Crumbles(Feat. Iggy Pop)
6. Barrel of My Own Gun
7. Sons of Sorrow
8. Texas Groove(Feat. Vula Malinga)
9. Into the Light
10. The Living
11. Departure
12. Trick Attack -Theme of Lupin The Third-

プロデュース:ユース(M-1)レオ・エイブラハムズ(M-3,9,10)、ノコ 440(M-4,6,7)、スティーヴ・リプソン(M-11)
フィーチャリング・ヴォーカル:イギー・ポップ(M-2,5)、ヴーラ・マリンガ(M-8)

布袋寅泰「New Beginnings」完成記念!先行試聴会
日時:2014年9月11日(木)開場 19:00/開演 19:30
場所:東京都23区内某所(当選者のみにお知らせします。)
参加方法等の詳細は、布袋寅泰オフィシャルサイトをご覧下さい。

関連リンク

布袋寅泰 official sitehttp://www.hotei.com/
布袋寅泰 ユニバーサルサイトhttp://www.universal-music.co.jp/hotei-tomoyasu/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP