ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あなたのスマホがカラダと目に優しいスマホに アプリ「超ブルーライト削減」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

現代、スマホを使う機会はとかく多い。仕事やプライベートの連絡から始まって、さまざまな情報もスマホから得ることができる。通勤電車であらためて辺りを見回してみると、スマホを使っている人がいかに多いかが分かるはずだ。歩行中のスマホが「歩きスマホ」といわれて社会問題になっているほど、現代人の生活にスマホは深く浸透している。そんな時代だから、やはり「寝る前にスマホを見る」という人も多いだろう。

ただし、自覚のある・なしにかかわらず指摘されているのが、「スマホの使用は目を疲れさせる」ということ。この大きな原因となっているのが、スマホの液晶画面から発せられるブルーライトだ。ブルーライトは網膜に直接届く強烈な可視光線で、これを睡眠前に浴びると、睡眠が浅くなってしまうという研究結果も出ている。

ブルーライトを削減するメガネや液晶保護フィルターなども流通するようになってきてはいるが、「超ブルーライト削減」というアプリは、その名の通り、そもそもの発生元であるスマホのブルーライトを削減してくれるというものだ。画面の色調を自動的に調整し、ブルーライトを最大で97%もカットする。

こう説明すると、ブルーライト削減の液晶保護フィルターとあまり変わらない気もするだろうが、実はこのアプリならではの強みがいくつかある。

まず、当然のことながらオンとオフの切り替えが可能であること。次に、削減する程度を好みに合わせて調整できること。さらに嬉しいオマケとして、のぞき見防止フィルター機能を搭載していること。そして何といってもの強みは、体内時計に合わせた自動調整機能を備えていることだ。

どういうことかと言うと、「超ブルーライト削減」は、就寝時間の2時間前までに、ブルーライトの照射量を徐々に弱めていってくれるのである。先に「就寝前のブルーライトは眠りを浅くする」と書いたが、「超ブルーライト削減」はこのスマホ使用の弊害を大幅に改善してくれる、頼れるアプリなのだ。

ブルーライトは眠りを浅くするだけではなく、目を疲れさせ、それによって肩こりや頭痛などを併発させたり、体内時計を狂わせることで、肥満・ガン・精神状態の失調といった健康被害の可能性も指摘されている。

ブルーライト対策に大きく貢献してくれるであろうアプリ「超ブルーライト削減」。早速今日から使ってみてはいかがだろうか。

参考情報(外部サイト)

疲れ目に! 超ブルーライト削減

関連記事リンク(外部サイト)

スマホだってお掃除が必要! 快適利用を促進するアプリ「CleanMaster」
複数のリモコンをスマホ1台に集約! 学習リモコンユニット「REX-BTIREX1」
急な雨にも準備万端! 自分で天気を観測できるスマホ用コンパクト気象台「Skywatch Windoo」

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP