ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

子に愛が伝わりやすい言葉は『そばにいるよ・信じているよ』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 最近「胎内記憶」という言葉が密かな話題となっている。これは、母親の胎内にいた時や出産時の記憶を意味する。たとえば、「ひざを抱えて座ってた」や「空からママを探していた。そこには、羽の生えた赤ちゃんが6人くらいいて、私は紺に白い水玉の服を着たママに決めた」などの証言がある。

 長野県諏訪市・塩尻市での調査によると、自分から胎内記憶を語り始めた子供はわずか1%ほど。子供はたとえ記憶があっても、それが特別なこととは知らない。おまけに誰からも聞かれないので、語らないまま成長し、忘れていくという。しかも、胎内記憶の聞きだし方が難しいともいう。胎内記憶研究の第一人者で産婦人科医の池川明さんは語る。

「胎内記憶が必ずしも幸せだとは限りません。ある母親が3才の娘に生まれる前のことを聞くと、泣き叫んで拒否したそうです。この子は難産で、ようやく生まれた時には頭がゆがんでいました。つらい経験だったため、覚えていても、話したくなかったのかもしれません」

 このように、思い出すのがつらいケースもあるので、聞きだし方には、細心の注意を払う必要がある。タイミングは、言葉を覚え始めた2~4才の頃。ポイントは、身構えて聞きだそうとしないこと。

「記憶を持っているのが当たり前のことのように、別の話の流れで自然に聞きましょう。そして話さなくてもガッカリしないでください。ましてや、せっかく話してくれたことを否定しないで。母親に否定されてトラウマになったという人も少なくありません。一度話してしまうと、満足して忘れてしまうことも多いので、何度も聞き直さないことも大切です」(池川さん・以下「」内同)

 聞きだす時の環境もとても重要なポイントだ。

「温かい湯は羊水を連想させるので、入浴中に話し出す子供が多いんです。同様に、胎内を連想させる布団の中もよいようです」

 最後に、胎内記憶を聞き出すまでの、会話の内容は?

「愛情を言葉と態度でたくさん伝えて、安心させてあげてください。愛とは、ただ親が持っていても、子供に伝わらないもの。愛が伝わりやすい3つの言葉をお教えしましょう。それは、『そばにいるよ』『信じているよ』『応援しているよ』。これに笑顔を加えたら、完璧。胎内記憶をよいお産、よい子育てに役立ててください」

 胎内記憶を否定するよりも、そこから生み出されるプラスの財産がいかに多いかを考えれば、子供の言葉に耳を傾けずにいられない。

※女性セブン2014年9月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
話題の胎内記憶 胎児は脳でなく体で記憶しているとの見解
映画『かみさまとのやくそく』で胎内記憶が題材になった理由
母親の胎内にいた時の記憶を持つ子は約3割との調査結果出る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP