ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Lenovo Yoga Tabletを見て考えるタブレットにおけるメーカー・キャリアロゴの配置

DATE:
  • ガジェット通信を≫

タブレットの多くにプリントされている販売元のメーカーロゴ。その大きさや配置は販売元各社によって様々なのですが、ユーザーの視点に立って配置を決めることも考慮すべきかなと考えさせるクチコミが価格.comに投稿されていました。今回の件は、Lenovo Yoga Tabletのフォーラムに投稿されていたことです。投稿者さんは、スタンド部分がグリップとして使える Yoga Tablet の操作性を評価しながらも、ディスプレイ下部に貼られて反射素材でキラキラ光る「Lenovo」ロゴが縦持ちの場合に視界に入り気になってしまうため、消すことを決断されました。

消し方は液晶フィルム越しに黒のマジックで塗りつぶす方法を採られたそうですが、他にも、黒のビニールテープで隠すことも有効な方法だと提案しています。ロゴはユーザー側の手入れで容易に目に入らないようにすることもできるのですが、今やこのような意見までのがネット上で伝えらるようになったので、メーカー側も配置を決定する際には今回のような意見も考慮に入れるべきだと思います。Source : 価格.com


(juggly.cn)記事関連リンク
仏Archos、IFA 2014でAndroidだけではなくWindowsを搭載した新製品を複数発表
YouTubeのWEBサイトにGoogle+の動画をインポードする機能が追加
Amazon Fire Phone、発売からの推定販売台数はわずか35,000台程度

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。